吉野北人の“座長ぶり”を栁俊太郎が絶賛!「生まれ持った輝きみたいなものがある」

拡大画像を見る

吉野北人さん(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が主演を務めるドラマイズム『トーキョー製麺所』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜25:28~)が、9月7日からスタートします。

吉野さんが演じるのは、ポマードヘアに蝶ネクタイ姿で「トーキョー製麺所」の新店長となった赤松幸太郎。“安い・早い・美味い”の3拍子が揃ったうどん店に、ホテルのような接客をする店長が現れたことで、店もスタッフも大混乱。そんな店長に振り回されるバイトリーダーの青井春翔を栁俊太郎さんが演じます。

ドラマの撮影は中盤に突入(※取材時)。初共演ながらも着々と絆を深めるお二人に、作品の魅力や自身の役どころ、お互いの印象について聞きました。

――演じる役柄をどのように捉えていらっしゃいますか?

吉野:赤松はすごくまっすぐで、自分の信念を曲げないような頑固な部分がある。他人の言うことを聞かずに、自分の意思で行動する熱いタイプの人間なんですけど、どこか抜けてる部分もあったりして……本当につかみどころのない人間ですね。従業員たちのサポートをしたり、人間らしい温かい部分もあったりして。すごく頑固だけど、それが許される人柄でもあります。

栁:青井は夢を追いながら、うどん屋さんでバイトを続けていたら、知らないうちにバイトリーダーになって、急に変な店長が来て(笑)。いろいろ惑わされる役どころです。小説家を目指しながらバイトをしている、それ以上でもそれ以下でもない、ただそれだけの男というか。生活費が稼げる程度に働ければそれでいいと思っているのに、バカみたいに熱い店長が来たことで、新しい価値観みたいなものが生まれていきます。そこの変化が、芝居していても楽しいです。

――吉野さんは、赤松を演じられてみていかがですか?

吉野:最初に(近藤啓介)監督から「あえてダサい感じでやりたい」と言われて、すごく戸惑いました。これまでダサい役を演じてこなかったので、ちょっと不安というか。性格も、自分とは真逆なんです。僕はマイペースで喋る時もゆったりしてるんですけど、赤松はハキハキ喋るタイプで、物事をズバッと言う。赤松は自分の信念だけで生きているけど、僕にはそういうところもないので、演じながら今、ようやくちょっと染みついてきたかなという感じです。でもやっぱり、すごく疲れます(笑)。自分ではない人を演じることは、とても大変なことだと思いますね。

――栁さんは、青井との共通点はありますか?

栁:僕は青井のようにブチ切れたりはしないですけど、喋り方とかテンションは結構自分に近いです。夢を持ちながらも、臆病な部分があるっていうのも共感できますし。そこを周りの方の力も借りて乗り越えていくドラマでもあるので、僕も勉強になるというか、周りに支えられて成長するんだなと感じますね。青井にバイトメンバーの仲間がいるように、僕自身、キャストとかスタッフとか、みんな含めて仲間だし、作品を作り上げるという意味では一緒のチームなので。

――監督からの印象的だった演出は?

栁:例えば“間”の作り方とか、こういうリアクションをしてほしいっていうのを監督自身がまずやるんですよ。その顔がめちゃくちゃ面白くて、「いや、これは越えられないけどな」と思うような演出をするので、そこは新しい境地というか、あまり出会ったことない人だなと思いますね。

吉野:普通に歩く演技でも「ちょっと面白くやって」みたいな。実際に見せてくれるのでやりやすいですし、勉強になります。

栁:顔がズルいよね(笑)。

吉野:ですよね、顔が面白いっていう(笑)。

――お二人は初共演ですが、初対面の時にどんなお話をされたか覚えていますか?

吉野:「身長何cmですか?」から入ったような気がします(笑)。

栁:そうかもしれない(笑)。

吉野:モデルをやられているので、「パリとか行くんですか?」とか「ブランドは何が好きなんですか?」というような会話をしました。

栁:ね。全然喋っていないところからクランクインだったので、まず、どういう人なのかを探りつつ……でも、盛り上げ役は江上(敬子/ニッチェ)さんがやってくれるからね。

吉野:明るい雰囲気でやらせてもらっています。

――お互いに共演されたご感想は?

吉野:ありのままの人だなというか、飾ったりしないし、自分を持っている人だなと感じています。現場の居方も堂々としていて、すごく大人だなと思いますね。僕はあまり場数がないので、今回は主演という形でやらせてもらってるんですけど、どういうふうに現場に居たらいいのかもわからなくて。でも、他の演者さんたちに学ばされることも多くて、自分らしくいてもいいのかなと。僕は盛り上げるキャラではないので、無理する必要もないのかなと改めて思いました。本当に他の演者さんに助けられていると感じています。

栁:いや、今のを聞いてびっくりするぐらい、吉野くんは、すごく堂々としているなと思っていました。

吉野:マジっすか!?

栁:いろいろな作品の主演の方を見ると、やっぱり“盛り上げる”とかではない、生まれ持った輝きみたいなものが絶対にあるんですよ。

吉野:えっ、嬉しい……。

栁:読み合わせの時から光るものがあるなと思っていたし、芝居もめちゃくちゃ堂々としていて、迷いなんて僕は一切感じなくて。僕は全然、オドオドしているし(笑)。

吉野:そうですか?(笑)。

栁:うん(笑)。本当はそれだけ考えているのに、現場で見せないのはさすがだなと思うし、尊敬しますね。座長としても、そのままで居てくれれば、それだけで頼もしいです。

吉野:嬉しいですね。本当は共演者の方とも距離を縮めたいので、フラットに仲良く話したいんです。でも役に影響が出るのは怖いし、難しいなと思ってたんですけど、いいことを言ってもらえたので、今まで通りでやろうかなと思います。

――吉野さんは初主演のプレッシャーはありましたか?

吉野:プレッシャーしかないです(笑)。事務所が制作するドラマや映画に出る時には準備期間のサポートもあったけど、今回の作品は自分の力でやるしかない。役者として深く考える部分も大きかったので、よりプレッシャーもありました。でも、楽しんでやれています。

――この役を通して成長できそうですね。

吉野:今まで“カッコいい”役しかやってこなかったんですよ。それで、すごく振り切れたというか。何でも演じるのが役者だと思うので、妥協せずにやっていきたいなと思いました。いろいろ役者さんたちと演じることで勉強になることばかりなので、いろいろと盗みながら、もっともっと自分が演じられる役の幅を広げていきたいなと思っています。

――メインビジュアルでは“カッコいい”ですよ?

吉野:あははは、ありがとうございます。でもたぶん、ドラマを見ていただければイライラしてくると思います(笑)。

――最後に、ドラマの注目ポイントをお願いします。

吉野:今までにないような作品かなと思います。オープニングでダンスを踊るんですけど、普通はやらないと思うんですよね。

栁:僕は踊ったことがなかったので、まずはそこにびっくりしました。あのオープニングは不安しかないです。みんな踊りがうまいから、本当に怖くて見られないっていう(笑)。

吉野:(笑)。魅力は、それぞれのキャラクターがすごくいい味を出しているところだと思います。それに、“自分の信念を持って行動する”という裏テーマもある作品で、もっと自分らしく、自分が思っていることを発したり、行動したりしてもいいんじゃないかという強いメッセージを感じます。絶対にお腹が空くと思うので、事前に何か食べるものを用意してから見ていただければと思います!

栁:芝居をしていても、「これは編集されたらめちゃくちゃ面白いんだろうな」と感じています。実際に食べても美味しいうどんが、この物語の中に入っていくことでどんな変化が生まれるのか僕自身も楽しみですし、いろいろな魅力が詰まった作品だと思っています。

(取材・撮影・文:nakamura omame)

<第壱話「ぶっ革命うどん」あらすじ>
多くの客でにぎわう、うどんチェーン店「トーキョー製麺所」。実は物凄くピンチである。店長が産休に入って早2か月、代わりが来ない。そして頼りにしていたスタッフも辞め、バイトリーダーの青井春翔(栁)は頭を抱えていた。開店準備をしていると、原付バイクに乗った、ポマードヘアに蝶ネクタイの謎の男がやってくる。元ホテルマンと語るこの男こそ、新店長の赤松幸太郎(吉野)だった!

“安い・早い・美味い”の3拍子が揃ったうどん店で、赤松は高級ホテルのような丁寧接客を開始し、店は大混乱。学生バイトの緑川義雄(奥野壮)と桃田凛(秋田汐梨)、パートの黄本節子(江上)も終始振り回され、苛立ちが募る……。更なるピンチの中、常連客の筧和人(山中崇)と部下の小久保真由(岡本夏美)が来店するも、赤松の暴走は加速するばかり!?

<吉野さん>
ヘアメイク 大矢佑奈 スタイリスト 中瀬拓外

<栁さん>
ヘアメイク 吉田太郎 スタイリスト 大島リク

ニット ¥104500/SUGARHILL(4K[sik])
パンツ ¥21450/MR.OLIVE(MR.OLIVE PRESSROOM)
シューズ ¥14300/NIKE SPORTSWEAR(NIKE カスタマーサービス)
その他スタイリスト私物 全て税込

■お問い合わせ先
4K[sik]
Tel:03-5464-9321

MR.OLIVE PRESSROOM
Tel:03-5459-1885

NIKE カスタマーサービス
Tel:0120-6453-77

関連リンク

  • 9/7 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます