これで伝わる?LINEで男性に【脈アリ】だと伝える方法3選!

拡大画像を見る


自分では仲良くLINEをしているつもりでも、その気持ちが男性に伝わっているとは限りません。必死にアプローチをしているのにいつも女友達で終わってしまうという人は、普段から匂わせが足りていない可能性があります。
では、LINEで男性に脈アリだと伝え、女性として意識させるにはどうすれば良いのでしょうか。男性の恋愛対象内に入るためにも、単なる女友達で終わらないための方法を3つ知っておきましょう。


相手の寝落ちの後でもフォローする

LINEが長くなると、お互いに寝落ちをすることもあるでしょう。その時、自分から寝落ちをした場合は翌日にフォローしても、相手の寝落ちの場合はスルーしていないでしょうか。
もちろんマナー的にはそれでも問題ありませんが、それでは単なる女友達で終わってしまいます。相手に「好きだからたくさんLINEをしたい」という気持ちを伝えたいなら、相手が寝落ちをした翌日にも自分からLINEする積極性を持ちましょう。


ちょっとしたことを質問する

男性は、女性に頼られることを好きな人が多いのは皆さんご存知でしょう。その男性心理を上手に利用することで、相手に対して好意をアピールしましょう。
調べればわかることでも聞き「やっぱり〇〇さんは頼りになりますね」と伝えるのです。そうすれば男性のプライドを刺激するだけではなく、「口実を作ってでもLINEしたい」ということをアピールできるため、一気に好意を伝えることができます。


デートに誘う

男性にエスコートされたいあまりに、アプローチを待ちすぎていないでしょうか。誘われたい気持ちは分かりますが、男性のアクションを待っているだけではなかなか進展できません。
特に最近は草食系男子が多いので、待っているだけだと他の肉食系女子に奪われてしまうでしょう。好きな男性なら、こちらから積極的にデートに誘いましょう。LINEの内容を読み返して「〇〇くん、ここ好きそうだよね?」と誘うことで一気に二人の距離を近づけることができますよ。


LINEでしっかりアプローチして恋のチャンスを掴もう!

いきなりデートに誘って仲良くなるより、LINEを使って距離を縮める方が恋愛成就の可能性は高まると言われています。友達で終わらないように、自分から積極的にアプローチして気持ちを伝えていきましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/7 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます