【人生を楽しむヒントがここに💫】高校生達が活躍する最高に素敵な青春映画3選!

拡大画像を見る

洋画に登場する高校生たちってどこか大人っぽくてなんだか憧れる存在ですよね。そんな高校生たちが活躍する作品が洋画にはたくさんあり、時々とても観たくなったりしませんか?ここでは高校生が活躍する面白い洋画3選をチョイスしてみました!彼らから人生を生きるヒントが学べちゃうかも?

秘密を抱える“普通”の高校生の告白を描いた青春映画『Love, サイモン 17歳の告白』

映画『Love, サイモン 17歳の告白(原題:Love, Simon)』
公開日:2018年
監督:グレッグ・バーランティ
原作:「サイモンvs人類平等化計画」
ジャンル:青春、ロマンス
キャスト:ニック・ロビンソン、キャサリン・ラングフォード、アレクサンドラ・シップ、ジョシュ・デュアメル、ローガン・ミラー、ジョージ・レンディボーグ・Jr、トニー・ヘイル、ナターシャ・ロスウェル、キーナン・ロンズデール他

『Love, サイモン 17歳の告白』あらすじ

ゲイであることを隠して生きていた17歳の高校生が、匿名メールを通じて同級生のゲイの少年と連絡を取り、恋に落ちていく……。LGBTに悩みながらも成長していく若者をニック・ロビンソンが演じた感動の青春ドラマ。

出典元:https://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000WSMUT

ニック・ロビンソン主演!秘密を持つ同性愛者の高校生を演じ大ヒット

原作小説を若手俳優のニック・ロビンソン主演で映画化し、大ヒットを記録した『Love,サイモン 17歳の告白』。
高校生の主人公サイモンは、幸せな毎日を過ごしていたものの、自身が同性愛者であることを誰にも打ち明けられずにいる…というところから物語が始まります。
本作ではLGBTという難しいテーマを描き、シリアスなシーンが含まれながらも基本的に明るくポップな世界観で製作されており、見ているだけで元気をもらえる温かい作風になっています。

主人公サイモンの家族や彼の周りの同級生、そしてサイモン自身がとても「普通」の存在であり、心地のよいキャラクター達に親近感を持てるので、違和感なく映画の世界観に入り込めるのではないでしょうか。
また、劇中で登場する高校生たちのミュージカル風のシーンも必見!
観ているだけで心温まる、「普通の」高校生たちが繰り広げる青春物語を求めている方にオススメの作品です。

高校生の親友同士が大暴走!『ブックマート 卒業前夜のパーティーデビュー』

映画『ブックマート 卒業前夜のパーティーデビュー(原題:Booksmart)』
公開日:2020年
監督:オリヴィア・ワイルド
ジャンル:青春
キャスト:ケイトリン・デヴァー、ビーニー・フェルドスタイン、ジェシカ・ウィリアムズ、リサ・クドロー、ウィル・フォーテ、ジェイソン・サダイキス、ビリー・ラード、ダイアナ・シルヴァーズ、モリー・ゴードン、ノア・ギャルビン他

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー

2019年/アメリカ/102分

作品情報 / レビューはこちら

『ブックマート 卒業前夜のパーティーデビュー』あらすじ

成績優秀な優等生で親友同士のエイミー(ケイトリン・デヴァー)とモリー(ビーニー・フェルドスタイン)。ところが、高校の卒業前夜、遊んでばかりいたはずの同級生がハイレベルな進路を歩むことを知り、2人は自信喪失してしまう。失った時間を取り戻そうと、卒業パーティーに乗り込むことを決意するエイミーとモリー。だがそんな彼女たちに待ち受けていたのは、怒涛の一夜だった……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/94108

高校生の親友同士の絆がアツすぎる!友情って最高。

高校生活すべてを勉学に捧げた2人の女子生徒が失った時間を取り戻すため、卒業パーティーに乗り込む奮闘劇『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』。
タイトル通り、卒業前夜にパーティーデビューを果たす親友のエイミーとモリーが繰り広げる波乱万丈の大冒険はまるで激しいジェットコースター!
ずっと一緒だった仲良し2人組が織り成す冒険に笑わされたり、時には激しいケンカをしてすれ違ったりするさまに感情を揺さぶられたり、とにかくハチャメチャで真っ直ぐに生きる彼女たちに夢中になること間違いなしの珠玉の一作。

主人公2人を取り巻く周りの高校生たちが抱える悩みや夢といった背景も丁寧に描かれており、一人一人の個性が輝く作品となっています。
青春ムービーによく出てくる、いわゆる“嫌な奴”が出てこない作品でもあるので、元気を貰いたい時やほっこりしたいという方に特にオススメです。
友情っていいな、と思える本作を是非ご覧になってみてください✨

13歳の少年と高校生たちの友情物語『mid90’s ミッドナインディーズ』

映画『mid90’s ミッドナインディーズ(原題:mid90’s)』
公開日:2020年
監督:ジョナ・ヒル
ジャンル:青春
キャスト:サニー・スリッチ、キャサリン・ウォーターストーン、ルーカス・ヘッジズ、ナケル・スミス、ジェロッド・カーマイケル他

mid 90s ミッドナインティーズ

mid 90s ミッドナインティーズ

2020年/アメリカ/85分

作品情報 / レビューはこちら

『mid90’s ミッドナインディーズ』あらすじ

1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィー(サニー・スリッチ)は兄イアン(ルーカス・ヘッジズ)、母ダブニー(キャサリン・ウォーターストン)と暮らしている。力の強い兄に全く歯が立たない小柄なスティーヴィーは、早く大きくなって彼を見返してやりたいと願っていた。ある日、街のスケートボード・ショップで店に出入りする少年たちと知り合ったスティーヴィーは、驚くほど自由でかっこいい彼らに魅了される。そして、憧れのような気持ちでそのグループに近づこうとするが……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/93912

13歳の少年とスケボー仲間が繰り広げる青春と90年代の雰囲気に胸キュン

13歳の主人公スティーヴィーがスケートボードの店に出入りする高校生の少年らと出会い、自由でかっこいい彼らに憧れて近付いたことから物語が始まる『mid90's ミッドナインティーズ』。
小中学生の頃に抱える、年上のちょっと“ワル”な高校生に憧れたり、家族や周りへの不安感や反抗、多くの人が通るであろう“あるある”を丁寧に繊細に描いており大ヒットを記録した作品です。

1990年代半ばのロサンゼルスを舞台にしている本作は、なんといってもその映像がとにかくレトロでオシャレ!
本当に1990年代に撮影したのでは?と思わされる空気感や画質、登場する細かい小道具が間違いなくレトロ好きの心を揺さぶり、90年代のアメリカ好きの方にとって垂涎ものの作品であることは間違いありません。

スティーヴィーが憧れる年上の不良高校生たちが繰り広げる会話はなんとも下品なものばっかりですが、根はとてもいいメンバーばかりで、物語が進む度に情が沸いてしまう不思議な魅力を持っているので、主人公だけでなく不良たちにも是非注目して頂きたいです。
心を突き刺すような辛く、生々しいシーンもありますが、必ずきっとスティーヴィーたちから一日を生きる大切な何かを受け取れるまばゆい作品となっています。

関連リンク

  • 9/5 20:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます