綾瀬はるかコロナ感染、発表の“経緯”に表れたホリプロの違和感

 新型コロナウイルスに感染し、8月下旬に入院していた綾瀬はるか。その事実が明らかになった“経緯”が波紋を呼んでいる。

 綾瀬の入院を最初に報じたのはニュースサイト『NEWSポストセブン』。8月31日の18時37分に同サイトが報じると、その後に綾瀬が所属するホリプロが正式発表するという流れだった。

「ホリプロは綾瀬の感染を隠しておこうとしていたのではないかとの疑惑も浮上しています。今年1月に同社所属の石原さとみさんが感染したときも、先に『女性セブン』(小学館)が報じて、それを追う形でホリプロが正式に発表しました。もちろん、タレントが感染しても絶対に公表しなければならないという決まりなどないのですが、こう2度も“後出し”続くと、ホリプロは基本的に“隠しておきたい”スタンスなのかなと思えてきますよね」(ベテラン芸能記者)

 とはいえ、人気俳優などはコロナ感染をおいそれと発表できない事情もある。

「コロナ感染で情報解禁されていない作品の撮影が中止になるなどの影響があった場合、そもそもその作品の存在を世に出せないので、感染についてもわざわざ触れることができない、という事情もあります。実際に、石原さんの時はそうだったようですね。でも、そこをうまくやって、世間からあらぬ“疑惑”を持たれないようにするのも事務所の仕事です。ホリプロは、そのあたりをあまり深く考えていないのかもしれません」(芸能事務所関係者)

 綾瀬はるかについては、ワクチンは接種していなかったという。

「ちょうど映画の撮影が入っていた時期で、ワクチンの副反応を気にして接種していなかったとのことです。でも、仕事が忙しい時期だからこそ、感染した時の重症化を防ぐために、ワクチンを接種したほうがいいのでは。所属タレントの体のことを考えればこそ、事務所は積極的にワクチン接種を推し進めなければならないはずなんですけどね。なんというか、ホリプロが綾瀬のことを“酷使”しているかのようにも見えます」(同)

 綾瀬、石原と並んでホリプロの看板女優である深田恭子は、適応障害で5月から休養していたが、9月2日に自身のインスタグラムを更新し、活動を再開することを報告した。

「本人の意志を尊重しているものと思いますが、ネットなどでは復帰について“かなり早い”という反応が多い。そもそもコロナ禍でもあるし、もっとゆっくり休ませてもいいと思うんですよね。もしも、事務所の方から復帰を促すような動きがあったならば残念です」(同)

 世間の反応をあまり把握していなさそうなホリプロ。ちょっとした炎上で芸能生命を絶たれることもめずらしくない今の時代では、少々危なっかしいスタンスだといえるのかもしれない。

  • 9/6 8:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます