Novelbright、HAN-KUNとの『曖歌』コラボに「癒される」の声続出

拡大画像を見る

大阪発の5人組ロックバンド・Novelbrightが、音楽番組「ON THE STREET」に番組レギュラーとして出演。向井太一、all at once、HAN-KUN(湘南乃風)をゲストに迎え、一夜限りのライブパフォーマンスを行った。



同番組は、ニコニコチャンネル「Novelbright CHANNEL」×ABCテレビ(関西ローカル)で、“生配信”と“地上波放送”を2度楽しめる新感覚コンテンツ。8月31日の配信は、MCをお笑いコンビ・ニューヨーク(嶋佐和也・屋敷裕政)が務め、Novelbrightと、シンガーソングライターの向井太一、男性デュオのall at once、レゲエアーティストのHAN-KUNが出演した。(※“生配信”はネットチケット購入者様限定視聴)


まずは、「明るい気持ちになってもらえるように気持ちを込めてお届けしたい」(Vo.竹中雄大)と、アコースティックVer.で「拝啓、親愛なる君へ」を披露したNovelbright。MCの2人は、「ライブで最後に聞けるという曲を一発目に聞けた。サイッコー!」(屋敷)、「すっごく良かった!」(嶋佐)と、始まりからテンション全開だった。


ちなみに今回のステージは、ガラス張りの天井から東京タワーが見える結婚式場「The Place of Tokyo」に設置。竹中は「東京タワーが見えるところでやれるとは思わなかった。すごく貴重な機会をいただけて嬉しい」と笑顔を見せた。


1組目のゲストとして迎えたのは、自身のルーツ・ブラックミュージックをベースに、ジャンルを超えた楽曲を制作している向井太一。現在はさまざまなアーティストに楽曲提供も行なっている。


今回Novelbrightと初対面となった向井は開口一番、「こりゃあモテるぞと思った。全員。めちゃくちゃ素敵」と絶賛。一方、竹中も向井について「服装がお洒落で個性的なアーティスト。」と評していた。そして向井は、新作EP「DOORS」に収録する新曲「Celebrate!」と、18歳のときに初めて作ったという「君にキスして」をアコースティックアレンジで披露。


2組目は、NARITOとITSUKIからなる2人組ボーカルデュオのall at onceが登場し、Novelbrightについて「皆さん仲良くて心から音楽を楽しんでいる印象」とコメント。楽曲はHYの仲宗根泉が作詞作曲を担当した新曲「年をかさねて」を披露した。


そして3組目は“Voice Magician” の異名を持つHAN-KUNがテンション高めに登場し、楽曲「REGGAE MAN」のライブパフォーマンス。さらに「日本の名曲を」と、秦基博「ひまわりの約束」、竹内まりや「元気を出して」のカバーも披露した。


ラストは一夜限りの生コラボ演奏で締めくくった同番組。all at onceとの「ツキミソウ」には、「最高」「素敵なコラボ」「ハーモニーやばい」といったファンからのコメントが並び、HAN-KUNとの「曖歌」には「癒される」との声が続出した。


文=平井あゆみ



関連リンク

  • 9/6 11:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます