【インタビュー】黒木華&柄本佑、夫婦役共演を経て語る“結婚後”の変化と理想

拡大画像を見る

夫婦や不倫をテーマにした作品は数多くあれど、夫婦間の心理戦にぐぐっと迫った映画として、『先生、私の隣に座っていただけませんか?』は一線を画す。W主演で夫婦役を務めた黒木華&柄本佑も、「とにかく脚本が面白くて!」と、巧みな心理描写&あっと驚くストーリーに舌を巻いたとインタビューで伝えてくれた。

売れっ子漫画家の佐和子(黒木さん)は、優しい夫の俊夫(柄本さん)をアシスタント代わりに、仕事を手伝ってもらう日々。結婚5年目、夫婦生活は順風満帆に見えた。…が、俊夫は佐和子の担当編集者・千佳(奈緒)と不倫関係にあった。ふたりの仲を知った佐和子は、新作のテーマを現実そっくりの不倫漫画にすることを思いつく。

果たして、その漫画は創作なのか? 復讐なのか? ――真意を読み取らせないままどんどん書き進めていく佐和子、まさかの展開が続く内容に恐怖が止まらない俊夫。ふたりの息の合った演技バトルが物語をリードする本作、共演経験を振り返ってもらった。


気持ちよく騙される本作、「俊夫は黒木さんに引き出してもらった」


――『先生、私の隣に座っていただけませんか?』は、「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM」の2018年準グランプリに輝いた作品です。脚本を読まれての印象から教えていただけますか?

黒木:ホンがとても面白くて! 佐和子が本当はどう思っているのか、俊夫さんの振り回され加減まで全部が面白かったので、「佐和子という役をやってみたい」と思いました。それに、漫画パートと現実パートが映像になったときにどうなるのだろう、と気になりました。完成した作品を観たとき、想像していた以上に流れがよく見え、わかっていたはずの私でもいろいろ気づかされることが多く、本当に面白かったです。

柄本:僕も、初めてホンを読ませてもらったとき、展開の面白さをすごく感じました。何よりも偏りのない、観る人を選ばない、老若男女が楽しめる王道のエンターテインメント作品を監督がやろうとしてるんだ、と感じたんですよね。コメディ要素あり、ミステリー要素もあり、で、楽しく気持ちよく騙される作品だと思ったので、やってみたいなと思いました。

――本当に、いろいろな要素が混じって引き込まれ、ハラハラしながらも楽しめる作品ですよね。

柄本:入り口は“不倫映画”と謳っていますけど、なんかね、観終わった後、「あれ? これ不倫だったよね!?」ぐらいの爽やかさがあって(笑)。とにかく映画の中での黒木さん演じる佐和子の、何か確信めいたときの女性の強さみたいなもの、突き進んでいく姿は、観ていて非常に気持ちがいいと思うんです。女性の格好良さがとっても目立った映画じゃないかな、と思います。身を任せていただければ、非常に気持ちよく騙されますから。

――素晴らしい脚本を体現したおふたりの演技合戦もあまりに秀逸で、鳥肌が立ちました。ご一緒されてみて、いかがでしたか?

黒木:私、もともと柄本兄弟(柄本佑&柄本時生)がすごく好きで、映像作品も観ていますが、ふたりでやられている舞台が特に大好きで。今回、現場でご一緒してみて、柄本さんは最初からとても優しい方で、どっしりと、そして常にフラットに構えてくださり、待ち時間も気負わず、お互いにいい距離感でいられました。

柄本:本当!? それを言われるのはうれしいなあ。ここまで同じシーンをやるのって、ほぼほぼ初めてなんだよね。

黒木:はい、そうですよね。

柄本:なんだけど、初めてな気がしないというか。勝手にですけど、僕は近しい距離感を感じていて。だから自然と夫婦感というところには入っていけたし、同じくふたりで黙っていても全然平気というか。それに今作に関しては、黒木さんの持つミステリアスさがあったからできたんです。僕が何かをやったというより、黒木さんの表情なり声のトーンなり、その場で素直に反応さえしていれば、このホンの面白さが自然に出るようになっていたような気がします。俊夫は黒木さんに引き出してもらっているところが、すごく多かったです。




心理戦は得意?黒木さんは“ハイブリッドタイプ”柄本さんは…


――おふたりの“不倫相手”に位置する金子大地さん、奈緒さんもぴったりでした。共演されて、いかがでしたか?

柄本:金子くん、めっちゃいいやつなんですよ! なのに、抜け感もあって、寡黙だけじゃない、みたいな。すげえやついた、なんか欠点見つけたいな…って(笑)。

黒木:金子さん、本当にいい子でチャーミングですよね。お芝居に対しても、すごく真面目ですし。奈緒さんもですが、年下のみんなが可愛く見えてしまって(笑)。「みんな可愛い、頑張れ、頑張れ!私も頑張ろう!一緒に頑張ろうぜ!!」みたいな感じでした。

柄本:それは偉いよ。俺は14のときからこの仕事をやっているけど、いつも一番年下で。そのときは別に話す必要もないし、黙っていてもいい、みたいな感じだったの。後輩が出てくると、段々黙っているだけではいけなくなってきて。でも俺、そういうのをやってきたことがないから、本当に後輩とどう接していけばいいかわからなくて(笑)。変わったのは結婚して子どもが生まれてから。何となく現場で年下のこと接することが大丈夫になってきたんですよね。

――そうだったんですね。奈緒さんは、いかがでしたか?

柄本:奈緒さんは、俺、割と「ベテラン感あるなあ」と思っていました! 非常にチャーミングな悪女をやってくれたんですよね。

黒木:安心感ありましたよね。俊夫さんの不倫相手だけど、スカッとしていてカッコいいな、と見ていて思いました。悪女ではあるんですが、「しょうがないか、俊夫さんだったら、引っかかるかな」とさえ思えてくる(笑)。

――本作は心理戦が見どころのひとつですが、おふたりとも、心理戦は得意なほうですか?計画的なタイプです?

柄本:僕は割と先に先にって考えられるタイプじゃないな。

黒木:私も、得意なほうではないですね。

柄本:しょっちゅううちの奥さんに言われるんだけど…、「一緒にあそこに行こう」と家を出るじゃないですか。玄関を出て、右に行くか左に行くかのルートなんだけど、俺、本当に何も考えないで歩くから、そのとき思った方向に行っちゃうんです。そのときの足の運びによって行っちゃう、みたいな。だから、よく「そっち全然遠回りじゃん!」とか言われる(笑)。着くからいいじゃん、とこっちは思っちゃうんだけど。…女性のほうが気にするのかな!?

黒木:私はあまり気にしないかもです。

――黒木さん、計画的だったり、せかせかしていないタイプなんですか?

黒木:私は計画的ではないところと、せっかちなところが両方あるハイブリッドタイプです(笑)。人がそこに入ってくるとどちらでもいいと自由になれるんですが、自分自身だけだとせっかちです。

柄本:一番いいと思う!


結婚後は「自分が一番じゃない」「お互いを尊重していければ」


――「夫婦の数だけ、【事件】がある!」というキャッチコピーも踊りますが、ご結婚されている柄本さんは「そうそう」と同意するところはありますか?

柄本:おそらく、あるんじゃないですか。いい事件も、悪い事件も。まず「結婚」自体がある種、事件ですから。それに、子供がいたら日々事件だらけですよね。

――先ほど、お子さんが生まれてから変わったというお話もされていらっしゃいました。

柄本:思いましたね。僕が意外だったところなんですけど、結婚して子供もいると、明らかに自分が一番じゃなくなるんです。人との接し方が変わったのが明確になったのは、自分がどこかで一番じゃないと思っているから「人にどう思われてもいいや」と思うようになったからなんですよね。それまでは、かっこつけとか自意識がすごい高かったんです。「人見知り:6、自意識過剰:4」ぐらいで、よく思われたいと思って生きてきた部分があって。そういうのが今まったくなくなったので、まずはバーンと出す! みたいな。すごく楽になりました。

黒木:それ、すごくいいですね。

柄本:もちろん見栄とか、かっこよく思われたい、みたいな思いのベースはあるけど、その順位がすごい下のほうになったから、結構意外でした。自分の中でのいい出来事です。

――黒木さんも、もし今後、結婚などをされたら自分にとっては「いい事件!」となりそうですか?あくまでも想像のお答えで。

黒木:もしも、誰かと一緒に歩んで行くとしたら、楽しいほうがいいと思っているので。いい事件が多いほうが、嬉しいですよね。「面白いよね」と言いながら生きていければいいな、というのが理想ではありますが、人と一緒に住んだことがないので未知です(笑)。育った環境が全然違う相手と一緒に住んだり、同じ姓を名乗ったりするんですもんね。

今は「結婚」という形だけでなく、籍を入れずにパートナーという形もありますし、自分がどういう選択を取るにせよ、お互いをちゃんと尊重していければいいなと思います。



(text:赤山恭子/photo:You Ishii)


■関連作品:
先生、私の隣に座っていただけませんか? 2021年9月10日より新宿ピカデリーほか全国にて公開
(C)2021「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会

関連リンク

  • 9/6 7:45
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます