ジャニーズWEST桐山照史、Sexy Zone松島聡から座長ぶり絶賛され「キュンです!」 誕生日エピソード明かす<赤シャツ>

【モデルプレス=2021/09/06】ジャニーズWESTの桐山照史、Sexy Zoneの松島聡が5日、都内で開催された舞台「赤シャツ」公開ゲネプロ及び取材会に出席。松島が桐山の座長ぶりを絶賛した。

◆桐山照史の座長ぶりを松島聡が絶賛

本作は、夏目漱石の名作「坊っちゃん」でお馴染みの、敵役であるインテリ教頭・赤シャツを主人公に据えた喜劇。この日は共演する高橋ひとみも出席した。タイトルロールの赤シャツ役を務める桐山は「1か月弱、皆で稽古もしてきましたし、僕のことですけども、前作がコロナで途中で止まってしまったという悔しい思いがあって。今回こうやってまたお客様の前でお芝居ができる、板の上に立てるっていうのが、すごく楽しみです」と笑顔。

桐山の座長ぶりについて聞かれた松島は、桐山の現場における気配りを絶賛し「自分もいつか、もし座長として舞台に立つ機会があったときに、そういう照史くんの背中を見て育ったんだよっていうのは受け継いで、皆さんに出していけたらいいなぁなんて思っています。本当にいつも助けられています」と感謝のコメント。これを受けた桐山は「キュンです!」と返して会場を沸かせた。

8月31日に32歳の誕生日を迎えていた桐山は、カンパニーのメンバーからは泡盛を、キャストからは自分の誕生日を祝福するラベルが付いた劇中に登場するウィスキーを貰ったことを紹介。「本当はね、みんなで例えば今日とか、初日が明けた後、乾杯とかしたいんですけども。皆さんで一緒に写真を撮らせてもらったので、それをいま部屋に飾っているんですけど、それを見ながら、一人で酔いたいなと思います」と白い歯を見せた。

松島からは「白いお花」を贈られたそうで、桐山は「こんなセクシーなことあります?」とにっこり。桐山は「最後の稽古の日に、ブワーって走ってきて、『照史くん、おめでとうございます!』って、白いお花ですよ?丁重に断りましたよね(笑)」とジョークを飛ばしつつ「お花と一緒に、僕はお酒が好きなので。赤ワインとオシャレなグラスを一緒にくれましたね」と明かした。また「セクシーローズやった?」と桐山にいじられた松島は「セクシーローズです」と照れ笑いを見せていた。

◆桐山照史「エンタメは続けていきたい」 コロナ禍で重要性実感

コロナ禍を踏まえ、エンタメの重要性について考えを聞かれた桐山は「例えば、お仕事で大変やったときも、テレビを見てくすっと笑ったときに、ふと肩の荷が下りたり。あとは、小瀧(望)くんの舞台をこの前観劇させてもらったんですけども、その時にも笑ったり感動したり、気持ちが動いたり。すごく、癒しの場でもあるんですね。だから、こういう場がなくならないように、絶えないように、エンタメは続けていきたいなと思います」と強い眼差し。

さらに「やってる僕からしても、エネルギーをもらう、一個の元気の源でもあるので。そういうところに携われているのは、本当に幸せだなと思います。僕らからエネルギーを出すお仕事ですけども、実は意外とお客様からいただいている方が多かったり。その恩返しと言いますか、せっかく時間も僕たちのために使っていただいて、足を運んでいただいてというお客様に恩返しするつもりで」と続けていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/6 4:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます