「カップヌードル 辛麺」発売記念に「宮崎辛麺」と「辛ラーメン」も食べ比べてみた!「辛麺」カップ麺3連発

「カップヌードル」シリーズの新商品、「カップヌードル 辛麺」がついに発売されました。大きな話題を集めそうなこの商品、さっそく食べてみましょう。さらに、「カップヌードル 辛麺」の誕生に大きく影響を与えたと思われる、ご当地麺「宮崎辛麺」と韓国の「辛ラーメン」のカップ麺にも注目! 「辛麺」トリオとしてご紹介していきたいと思います。

カップヌードル流「辛麺」の決め手は? 日清食品「カップヌードル 辛麺」

 まずは、日清食品の「たっぷり具材の醤油ヌードル」193円(税別)。鮮烈な真っ赤なパッケージに「辛麺」の大きな文字! 話題性十分なパッケージで登場の「カップヌードル」シリーズ新商品です。これだけ赤い機体なら、「通常の3倍」おいしい可能性があります。

 カップヌードルと言えば洋風なイメージが強いですが、最近は「味噌」「鶏白湯」「豚骨」など、漢字の商品が登場していずれも人気商品に。今回の「辛麺」も、その流れを汲んでいるようです。

「辛麺」なので当然、唐辛子がたくさん入っているのは予想できることなのですが、「辛旨えええ!ぶっかけ焙煎唐辛子入り」なんて書かれてしまうと、どんなに多量に、そしてどんな辛くて香ばしい唐辛子が入っているのかと、期待半分、怖さ半分でついつい手に取ってしまいますよね。さすがカップヌードル、キャッチーな文章で攻めてきます。

 唐辛子で真っ赤に染まった醤油味のスープに、いつものカップヌードルの麺、そして謎肉やたまごを組み合わせています。ぶっ飛んだスープの色ですが、麺の形状に加え、謎肉やたまごがいつものカップヌードルと同じなので、結局どんな味でもカップヌードルらしくなってしまうのは、カップヌードルマジックと言って良いでしょう。

 醤油味のベースに唐辛子やニンニクを組み合わせたスープは、「宮崎辛麺」と似ている部分が多いですが、かきたまをいつものカップヌードルのたまごに置き換え、ニラではなくネギが入っているのが、カップヌードル流の「辛麺」。また、「宮崎辛麺」で感じられる、豚ガラや鶏ガラの昔懐かしい味わいは皆無です。

 唐辛子の辛味とともに、キムチの酸味を効かせているのも大きな特徴。キムチはカップ麺で比較的よく用いられるフレーバーではあっても、それを「辛麺」に持ち込むのはオリジナリティがありました。

 いつものカップヌードルに比べると大きな具は少なめですが、「ぶっかけ焙煎唐辛子」が、これでもかとたくさん入っています。パッケージには「辛さレベル4/5」「大辛」という表記がありますが、それほど辛いわけではなく、せいぜい中辛~辛口程度でした。辛さよりも、焙煎唐辛子の香ばしさや、細かい唐辛子による独特な食感の方が光ります。

 焙煎唐辛子の香ばしさとキムチの酸味でカップヌードル流の「辛麺」を表現しつつ、謎肉やたまご、麺の形状でカップヌードルらしさもしっかり保っており、カップヌードルの世界観にはまり込んでしまう一杯でした。

 続いては、明星食品の「チャルメラカップ 宮崎辛麺」193円(税別)。「宮崎辛麺」のカップ麺は期間限定発売のものが多いですが、今回の「チャルメラ」は、数少ない「宮崎辛麺」カップ麺のレギュラー商品です。「チャルメラ」からは他にどんぶり型のカップ麺や、本田翼さんのCMでおなじみの袋麺も出ており、3商品で「宮崎辛麺」を猛烈にプッシュしています。

「チャルメラ」のCMで、本田翼さんが説明している「3秒味変」のアイテムとして、「コクうまトマト味の味変パック」が付いており、半分食べた後にこれを入れて味変することが推奨されています。同じ「辛麺」でも、カップヌードルはキムチでチャルメラはトマト。各社が趣向を凝らしています。

 唐辛子やニンニクを効かせた醤油味のスープで、辛さはそこそこ。先ほどの「カップヌードル辛麺」の方が唐辛子で真っ赤ですが、辛さは似たようなものです。ちなみに、どちらも「辛さレベル」は4/5となっています。ニンニクやニラの風味の中で、豚ガラの味わいがほのかに感じられました。

 合わせる麺は中細の縮れ麺で、カップヌードルの麺と雰囲気は似ていますが、ちょっとコシは強めでしょうか。麺量は少なめです。お店で供される「宮崎辛麺」では、韓国の冷麺と同じく蕎麦粉を使った弾力のある麺「こんにゃく麺」を選べることが多いですが、今回の麺は違いました。

 具はニラやかきたまが入っていて、「宮崎辛麺」らしい構成。かきたまの黄色、ニラの緑、そして唐辛子の赤と色鮮やかで、色合いも「宮崎辛麺」らしさを表現しています。かきたまやニラは、先ほどのカップヌードルにはなかった「宮崎辛麺」の特徴です。

 半分食べたところで、「コクうまトマト味の味変パック」によって、味を変えてみました。もともと赤いスープに赤い色の液体を加えるので、色味にそれほど変化は生じませんが、トマトの酸味やコクによって、スープのガラの甘みを引き立てているような印象でした。

味変パックの量があまり多くないので、半分食べて入れるくらいでは大きな味の変化は感じないかもしれません。3分の2程度食べてからの方がわかりやすい変化を楽しめそう。

 最後に紹介するのは、農心ジャパンの「辛ラーメン カップ」193円(税別)。韓国の即席麺で高いシェアを誇る商品で、本国では袋麺が1986年から発売され、30年以上の歴史があります。日本でも袋麺とカップ麺を展開し、スーパーやドラッグストアを中心に広く取り扱われているため、知名度の高い商品と言えるでしょう。

 韓国の麺料理と言えば、うどんのような麺のククスや、韓国風ジャージャー麺のチャジャンミョン、日本でもおなじみの冷麺など多岐にわたる一方、日本のようなラーメン文化はありません。

 韓国料理のお店に行っても、鍋やスープに生麺ではなくインスタント麺を入れることが多く、ラーメンといえばインスタント麺というのが一般的。そのため、インスタント麺の高シェアを誇る「辛ラーメン」が、ラーメンの代名詞として扱われることが多いようです。

 野菜や椎茸の旨みを効かせた辛味の強いスープで、スパイス感も強め。唐辛子の辛さだけではない重層的な辛味が感じられます。一時は、激辛カップ麺といえば「辛ラーメン」という扱いでしたが、現在は日本のメーカーにも辛い商品が多くなったため、特別辛いわけではなくなりました。とはいえ、今回の3品の中で一番辛いのは間違いありません。

 麺は、特殊な製法による楕円状で、高級麺用の小麦で作られているとのことですが、正直、その良さはカップ麺からはあまり実感できません。これが袋麺の「辛ラーメン」だと、麺が確かに魅力的な食感で、大きな強みになっています。

 具として入っているのは、椎茸、ネギ、ニンジン、唐辛子。椎茸が入っていることと、やたらとネギが多いことが特徴的でしょうか。ニンジンもしっかりたくさん入っています。肉が入っていないのが少し味気ないですが、袋麺「辛ラーメン」のパッケージに描かれているラーメンには、肉らしきものが2切れのっています。

「辛麺」を食べて残暑を乗り切ろう!

 以上、「辛麺」のカップ麺3商品をご紹介しましたが、それぞれにただ辛いだけではない魅力がある商品でした。まだまだこれから残暑が厳しくなる中で、辛いもので汗をかいて、暑気を飛ばしてみるのはいかがでしょうか。

  • 9/5 13:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます