平野ノラ、真っ赤なバブリーロンパース着用の娘と2ショット ハーフバースデーを祝う

拡大画像を見る

平野ノラは2017年12月に同い年の会社員と結婚、42歳でママになった。一度芸人になったものの25歳で挫折し、会社勤めを経て再び芸人を目指そうと養成所に入ったのが31歳の時だった。養成所を卒業後はピン芸人として活動を始めるも、なかなか芽が出ず下積み時代が続く。“バブリーなキャラ”が脚光を浴び、長いトンネルを抜けブレイクしたのが36歳。それから41歳まで平野は仕事一筋で駆け抜けてきた。そして仕事が一段落した昨年、夫婦で妊活に取り組み我が子を授かる。そして42歳で第1子となる女児を出産したのだ。

このロンパースは平野ノラが妊娠中に、赤ちゃんが女の子だと聞いた彼女の母親が作ってくれたものだ。しっかり肩パットも入っており、「一緒にマハラジャで扇子持って踊れるならなお嬉しいですね!」と平野は娘の誕生を楽しみにしていた。母親は以前に裁縫の仕事をしていたそうで、布を買ってカーテンを作ってもらったり、2016年にバブルネタでブレイクした当時に着ていた真っ赤な衣装も、娘のために何着も作ってくれたのだ。出産後、自宅に戻ってからは度々手料理を振る舞って、慣れない育児に奮闘する平野をサポート。栄養満点で見た目も美しい料理の数々は公式ブログで紹介されている。

さて9月3日の『平野ノラ Nora Hirano noranoranora1988 Instagram』には、真っ赤なバブリー衣装に身を包んだ母娘ショットが投稿されている。バブ子ちゃんは弾けるような笑顔で、 黄色の羽根つき扇子(ジュリ扇)を振り回しているようだ。平野は「バブ子の笑顔は母を照らす、ミラーボールの様だよ」「ぞっこんLOVEだゾ」と綴っており、幸せいっぱいの母の表情を見せていた。

コメント欄では「バブ子ちゃん、ハーフバースデーおめでとうございます」の多くの祝福の声が寄せられ、また「素敵! すでに扇子使いこなしてますね」「バブリーロンパース姿、楽しみにしてました~」「もう6か月なのですねーニコニコ笑顔がCUTE」「お二人とも良い笑顔。こちらも幸せな気持ちになりました!」と手作りバブリーロンパースのことを覚えていたファンも多く、バブ子ちゃんによく似合っていると評判だ。離乳食が始まったとのことで、これから急激に身長が伸びるバブ子ちゃんのロンパース姿は今回で見納めとなりそうな気配である。

画像2、3枚目は『平野ノラ Nora Hirano 2021年9月3日付Instagram「バブリーハーフバースディ」「肩パッドがズレなくなった~!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 9/5 14:19
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます