鈴木伸之“流星”、柊と手を組んだはずが怪しい動き!?

拡大画像を見る

中川大志が主演を務める『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30〜)の第9話が、9月5日に放送される。

本ドラマは身体能力100点・ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋をしてしまうというスリリング・ラブコメディ。

前回放送された第8話では、男虎柊(中川)は、死んだはずの父・丈一郎(藤木直人)と対面し混乱。さらに、丈一郎を撃ったのは綿谷詩織(水野美紀)だと知り、衝撃を受ける。一方で、詩織は、柊たちを始末しようと考えていて……という展開が描かれた。

柊の丈一郎、そして葉山葵(新木優子)の兄・武尊(小池徹平)を殺した真犯人、詩織との最終対決が始まる。柊や丈一郎とも、たくさんの時間を過ごしてきた詩織。あの優しい笑顔は嘘だったのか? 一体なぜ、詩織は悪に手を染めてしまったのか?

そして、デス・プリンスこと八乙女流星(鈴木伸之)は葵を救い出すため、柊たちと手を組んだはずだったが、ここへ来て、怪しい動きを重ねていく。詩織の命令で動く藤堂莉奈(松本穂香)に近づき、「君と手を組みたい」と提案。さらに、元依頼主である詩織にも接近。「この先も僕を使うかどうかはあなた次第だ」と告げる。流星の怪しい動きは一体? 莉奈は、思い悩みつつも、なぜ詩織の命令に従うのか?

<第9話あらすじ>
男虎柊(中川)が鳴宮美月殺害未遂の疑いで指名手配された。そのことを知った葉山葵(新木)は動揺。丈一郎(藤木)は、鳴宮美月の引退会見を開き、その場で柊の無実を証明して綿谷詩織(水野)の不正を公表する計画を立てる。

水瀬千景(田中みな実)と風岡樹生(中尾明慶)が会見の準備を進める。丈一郎たちの話は藤堂莉奈(松本)に盗聴されていた。

柊はどうしても、詩織が完全な敵とは思えなかった。しかし葵には、詩織をかばおうとする柊が理解できない。柊と葵の気持ちは、次第にすれ違っていく。

一方、八乙女流星(鈴木)は莉奈に、手を組もうと持ち掛ける。さらに彼は詩織と交渉し、今度こそターゲットは必ず殺すと宣言。そして、鳴宮美月の引退会見が開かれることになるが……。

関連リンク

  • 9/5 13:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます