彼を虜にする4つのキス♡グッとくるキスのやり方を詳しく解説!

拡大画像を見る


カップルの大切なスキンシップであるキス。いつものキスも、方法によっては彼を今よりももっと虜にできるかもしれません!
この記事では彼を虜にするグッとくるキスのやり方を詳しく解説していきます!是非参考にしてくださいね。


「キスして」と甘えながら言う

男性は、女性からストレートに「キスして」と言われるとドキッとくるもの。この時の言い方としては、ちょっと恥ずかしそうにしながら言うのがポイントです。
グッとくるキスのためには、照れながらもじっと目を見つめて「キスして」や「キスしてもいい?」などと聞くのがいいでしょう。
二人きりでいるときなどに、ふと言われると男性はグッとくること間違いなしです。キスをしている最中も、恥ずかしそうにすると効果的。


顔や頭をさりげなく触る

キスをする時に、両手で頬を触るようにキスをするだけでも、相手はドキッとしてスイッチが入ることも多いです。
ちょっと情熱的なキスの時には、腕を後頭部の方にまわしてみたり、頭を包み込むように触ってみたりするのも効果的。
顔や頭は、恋人同士でないとなかなか触れない部分なので、そこを触りながらのキスはぐっとくるものなのです。


自分からディープキスにしてみる

普通のフレンチキスで気持ちが高ぶってきているようであれば、思い切ってこちらからディープキスにしてみるのも効果的。
男性はドキッとして、更に気持ちが高ぶるでしょう。たまに情熱的なキスの流れにこちらから持っていくことによって、男性は興奮するものなのです。
いつも彼がキスの主導権を握っていることが多い...なんて方には特に効果的なグッとくるキスのやり方です。


じっと見つめてからのキス

グッとくるキスのほとんどは、まず彼のことをじっと見つめてからするのがポイント。見つめる時間をいつもより長めにしてみるのも効果的です。
じっと見つめ合うということは、それだけで彼に愛が伝わります。そして見つめ合ったあとのキスは情熱的になるもの。
雰囲気をしっかり作ってからキスをすると、それだけで記憶に残るようなグッとくるものになるでしょう。


グッとくるキスで彼を虜にしよう!

いつもと違う、グッとくるキスをして彼を虜にしたい!という方は、時には主導権を持って情熱的にキスで愛を伝えてみましょう!
いつもより見つめ合う時間を作ったり工夫することで、ドキッとくること間違いなしです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/5 12:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます