デパイが2発のオランダ、4ゴール快勝でファン・ハール再任後初勝利を飾る!

拡大画像を見る

 FIFAワールドカップカタール2022欧州予選・グループG第5節が4日に行われ、オランダ代表とモンテネグロ代表が対戦した。

 ルイ・ファン・ハール監督の再登板初戦となった1日のノルウェー代表戦は、1-1のドローに終わったオランダ。ステファン・サビッチ擁するモンテネグロをホームに迎えたこの試合は、主将のジョルジニオ・ワイナルドゥムを筆頭にフレンキー・デ・ヨング、メンフィス・デパイらがスタメンとなり、フィルジル・ファン・ダイクはベンチスタートとなった。

 試合はスコアレスのまま推移した36分、エリア内でボールを収めたデパイが相手に倒され、オランダがPKを獲得。これをデパイが確実に決め、38分にホームのオランダが先制を果たす。

 1-0で試合は後半に入ると、前半に続いて主導権を握ったオランダは61分、身体を張ってボールを収めたコーディ・ガクポの落としをデパイが右足で強烈に振り抜く。これがモンテネグロゴールのニアサイドを突き刺さり、オランダがそのリードを2点に広げる。

 そして、さらに勢いに乗るオランダは70分、スティーヴン・ベルフハウスのスルーパスに抜け出したワイナルドゥムが一対一を確実に決め、勝負を決定づける3点目。さらに76分には、ゴール斜め45度の位置から、ガクポが鮮やかな軌道を描くミドルシュートを決めてみせ、オランダがダメ押しゴールを奪った。

 試合はこのまま終了。ホームで4得点の快勝を収めたオランダは、ファン・ハール新体制での初勝利を飾っている。

 次節は7日、オランダはトルコ代表と、モンテネグロはラトヴィア代表とそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
オランダ代表 4-0 モンテネグロ代表

【得点者】
1-0 38分 メンフィス・デパイ(PK/オランダ)
2-0 61分 メンフィス・デパイ(オランダ)
3-0 70分 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(オランダ)
4-0 76分 コーディ・ガクポ(オランダ)

関連リンク

  • 9/5 7:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます