上越新幹線で“モバイルオーダー&デリバリー型車内販売”の実証実験が9/4から開始


ジェイアール東日本企画は、上越新幹線にて、エキナカ商品を途中駅から新幹線車内へ積み込み、デリバリーするというモバイルオーダー&デリバリー型車内販売の実証実験を、9月4日(土)~10月1日(金)の土休日に実施中だ。

同社は、2019年の新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン中に上越新幹線でモバイルオーダー型の車内販売『「美食旅」新幹線 TRAIN DELI(トレイン・デリ)』を行ったが、今回はより多様なニーズに応えするため、新しい仕組みの車内販売の実証実験に取り組む。

対象列車はMaxとき316号・321号


実証実験を実施する列車は、Maxとき316号(新潟駅10:18発-東京駅12:28着)、Maxとき321号(東京駅12:40発-新潟駅14:48着)のグリーン車(15・16号車2階席)。

スマホで注文、座席まで届けてくれる!

このモバイルオーダー&デリバリー型車内販売は、手持ちのスマートフォン等で対象列車の座席にあるQRコードを読み取り、専用サイトにアクセスし、上り列車では長岡駅発車前までに、下り列車では高崎駅発車前までにCoCoLo湯沢「ぽんしゅ館」の豊富な商品の中から注文すると、越後湯沢駅停車時にぽんしゅ館スタッフが注文商品を列車に積み込み、車内スタッフが注文した人の座席まで届けてくれるというもの。

「座席認証&オーダーシステム」による利便性とニーズの検証、車内サービスの将来像策定にあたっての検証データ収集を目的としている。

上越新幹線を使って移動する人は、この機会に同車内販売を試してみては。

※「座席認証&オーダーシステム(発明の名称:車内販売システム、管理サーバ、車内販売方法及び車内販売用プログラム)」は、株式会社ジェイアール東日本企画の特許技術です。

画像をもっと見る

  • 9/3 17:36
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます