Netflixによる実写版『ONE PIECE』のタイトルロゴと台本が公開 「Netflixは前科が多すぎるからな」「尾田本人が関与してるので期待してる」

拡大画像を見る

Netflixによる実写版『ONE PIECE』のタイトルロゴと台本が公開されています。


https://twitter.com/NetflixGeeked/status/1433799705255874560

タイトルロゴ。


https://twitter.com/NetflixGeeked/status/1433792002966106113

脚本家のマット・オーウェンズさんとプロデューサーのスティーヴン・マエダさんの名前が入った台本。“ROMANCE DAWN EPISODE #101”という記載も確認できます。

原作のファンからは次のような声が集まっています。

・原作者の尾田がプロデューサーとして参加してるので安心だ
・『Death Note/デスノート』みたいにしたら解約するわ
・実写版!?
・Netflixの実写版は原作に対するリスペクトに欠けるんだよな
・尾田本人が関与してるので期待してる
・ルフィはドクロの鼻の中に移動したわけか
・かなりお金かけてるらしいよ
・尾田公認の実写版だぞ
・配信前に文句言うのはどうかと思うよ
・少し不安
・予算がすごい潤沢だという噂
・メンタルが不安定になりそう
・過去の失敗からNetflixが学習していればいいんだけどね
・ロゴからルフィ取っちゃったよ
・予算あるなら実写版の前にアニメの字幕クオリティを先にどうにかしてくれよ
・原作と同じくらい長いシリーズになるってこと?
・面白くなることを期待してるけど……
・予告編が楽しみ
・Netflixは前科が多すぎるからな

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/NetflixGeeked/status/1433799705255874560

(執筆者: 6PAC)

関連リンク

  • 9/4 15:10
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます