お酒が飲めないために「恋愛でソンしてるなあ」と思うこと9パターン

拡大画像を見る

合コンや飲み会など、大人になるとお酒と接する機会が自然と増えるもの。アルコールに弱い男性は、あらかじめ自分なりのコミュニケーション術を築いておきたいところです。そこで今回は、20代の独身男性480名に聞いたアンケートを参考に「お酒が飲めないために『恋愛でソンしてるなあ』と思うこと9パターン」をご紹介いたします。

【1】女性を気軽に居酒屋に誘うことができない
「同僚の女性に『帰りに1杯飲もうぜ』と言えず、結局ひとりでご飯を食べることになる」(20代男性)というように、定番の誘い文句を使えないために消極的になってしまうパターンです。いっそお酒が飲めないことを逆手に取って「スイーツ好き」などのキャラを確立すると、女子ウケも良くなるでしょう。

【2】飲み会のノリについていけず、孤独を感じる
「シラフだと合コンで『テンション低いね』と言われてしまう」(20代男性)というように、酔っぱらい特有のハイな気分に合わせられず、疎外感を味わう人もいます。変に冷静でいるよりも、強引にでもみんなと一緒に盛り上がれるよう、感情をコントロールしたほうがいいでしょう。

【3】「慣れれば飲めるよ」と、女性から子ども扱いされる
「『意気地なし』と、女性からダメだしされた気分になる」(20代男性)というように、お酒に強い女性から軽視されやすいのが下戸男子のつらいところです。イジられたら「飲まなくても楽しいよ」と勝ち誇った顔で言い放ち、健全さをアピールしましょう。

【4】酔っぱらいのグチや冗談を真に受けてしまう
「酔った女性のブラックなグチを聞いて、たびたび人間不信に陥る」(20代男性)というように、悪酔いした相手の発言を信じたせいで、ショックを受けるパターンです。酔った姿を見せるのは信用されている証だと思い、むしろ喜んで聞き役に徹してあげたいところです。

【5】シラフであることを意識しすぎて、大胆な会話ができない
「『酔った』という共通認識を作れないから、色っぽい会話に持っていきにくい」(20代男性)というように、お酒の力を借りた本音トークができないのも下戸男子の悩みどころのようです。夜景が見えるレストランに誘うなど、「場所の力」で大人のムードを演出しましょう。

【6】無理して飲むと、必ずつぶれて女性にドン引きされる
「ビールひと口でダウンして眠ってしまい、女性があきれて帰ってしまったことも…」(20代男性)というように、思い切ってお酒を飲んだ勇気がアダになってしまうケースです。「死にかけたことがある」など、過去の失敗談を話して無理に飲まされないようにしましょう。

【7】ソフトドリンクでお腹がいっぱいになり、食事デートの間が持たない
「店員におかわりを勧められる居酒屋だとお茶ばかり飲むハメになる」(20代男性)というように、飲めない男性はお酒の席では「お腹タプタプ状態」に追い込まれる場合があるようです。女性に気を使わせないためにも、ソフトドリンクはスローペースで飲みましょう。

【8】「もう一軒行こう」が言えないから、なかなか女性との関係が進展しない
「『終電がなくなった』みたいなアクシデントが起こらない」(20代男性)というように、酔えないせいで夜の時間を持て余してしまうこともあるようです。「口直しにスイーツ食べに行こう」や「カラオケに行こう」などと言えば、自然に二軒目に誘えるのではないでしょうか。

【9】飲み会で酔っぱらいを見て笑っているだけで、「いい人」で終わってしまう
「ハメを外せないからか、女性の印象に残らないことが多い」(20代男性)というように、シラフの振る舞いが「フツーすぎる」と思われてしまうパターンです。酔っぱらい男の「勢いだけのトーク」に負けない一発芸やウンチクを仕込んでおきたいところです。

お酒が飲めないことを不利に感じても、ふてくされている場合ではありません。下戸男子なりのアプローチで状況を好転させましょう。(浅原 聡) 【調査概要】 期間:2014年4月10日から17日まで 対象:合計480名(20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

関連リンク

  • 9/4 15:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます