モスバーガーの由来に注目! 肉の日にお得なステーキやまぐろ&かに食べ放題も

拡大画像を見る

 【話題のニュースダイジェスト】 2021年8月27日~9月2日の期間、「BCN+R」に掲載したニュースで最も注目を集めたのは、モスバーガーの“モス”の由来に関する記事だった。また、焼肉の日にステーキ宮で提供されるスペシャルセットや、9000円以下でまぐろ&かに食べ放題を満喫できるプランなどの注目度も高かった。
●実は日本生まれの「モスバーガー」
 カタカナ表記だといかにも海外という雰囲気だが、実は日本生まれの「モスバーガー」。この“モス”には「MOUNTAIN(山のように気高く堂々と)」「OCEAN(海のように深く広い心で)」「SUN(太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って)」という意味が込められている。
 モスフードサービスの広報担当者によると、「創業者・櫻田慧が、大学時代にワンダーフォーゲル部に所属しており、登山などを通じて自然を愛していたことが大きい。人間・自然への限りない愛情と、このような理想の人間集団でありたい、という願いを込めて名づけた」という。
●8月29日の“焼肉の日”はステーキもお得!
 コロワイドグループのアトムは、同社が運営する「ステーキ宮」各店で、8月29日の「焼肉の日」に向けて、27日~29日までの三日間、「肉の日スペシャルステーキセット」をアプリ会員限定で販売した。
 ステーキ宮の1番人気メニュー「宮ロース」240gに、ライスバーまたはパン、スープバー、ドリンクバー、サラダバーが付いて特別価格の2900円と、ランチ通常価格より500円、ディナー通常価格より708円お得になる。来店当日にアプリをダウンロードしても対象になる。
●9000円以下でまぐろ&かに食べ放題を満喫
 大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツは9月1日~11月30日の期間、1泊2食付き温泉旅プラン「秋のまんぞくバイキング」を同社が運営する「和歌山県・南紀串本」と「石川県 片山津温泉 ながやま」にて開催する。
 地元港水揚げのまぐろや地魚を豪快に盛り合わせた舟盛や、豪快に大きくカットしたネタで楽しむ握り寿司など、好きなものを好きなだけ、お腹いっぱい豪快に楽しめる。「和歌山県・南紀串本」では「かに食べ放題」を楽しめて、1室大人4人利用の1人あたりの宿泊料金は8778円から。「石川県 片山津温泉 ながやま」は1室大人4人利用の、1人あたりの宿泊料金は7678円からとしている。
●国産の「自己増殖型mRNAワクチン」の臨床試験計画が承認
 大分大学は8月25日、開発中である新しいタイプの国産ワクチンの臨床試験を開始する準備に入ったと発表した。新しいワクチンは、自己増殖型mRNAワクチン(レプリコンワクチン)のため、少量の接種で体内で十分な抗体がつくられ、持続時間も長くなることが期待されている。このワクチンは、VLPセラピューティクス・ジャパン(VLPTジャパン)社の自己増殖RNA技術が使われている。
 今回、臨床試験の計画が、大分大学医学部附属病院治験審査委員会で審査され、8月3日付で承認された。VLPTジャパン社によると、治験の開始は10月を目指すという。
●中小・個人事業者に月額上限20~10万円の「月次支援金」
 【家電コンサルのお得な話・55】 中小・個人事業者向けに経済産業省の中小企業庁が支給する「月次支援金」。8月15日で「4月分/5月分の月次支援金の申請期間」が終了したが、知り合いの事業者が申請以前に「月次支援金の存在自体を知らなかった」ということがあったため、改めて再確認として説明する。
 月次支援金とは「2021年の4月以降に実施される緊急事態措置またはまん延防止等重点措置に伴う、『飲食店の休業・時短営業』や『外出自粛等』の影響により、売り上げが50%以上減少した中小法人・個人事業者等に月次支援金を給付し、事業の継続・立て直しやそのための取り組みを支援する」というもの。給付要件を満たせば支援金が給付されるが、給付額は「2019年または2020年の基準月の売り上げ-2021年の対象月の売り上げ」で、中小法人等は上限20万円/月、個人事業者等は上限10万円/月となっている。

関連リンク

  • 9/4 12:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます