あのゴーゴーカレー監修! 『金沢カレーの豚めし食堂』が八重洲にオープン

拡大画像を見る

 今年6月よりデリバリー限定で展開し、人気を呼んでいた『ダイヤモンドダイニング』と『ゴーゴーカレー』のコラボレーションによる「ゴーゴーカレー監修 金沢カレーの豚めし食堂」。なんと、ランチ限定メニューとして『GLASS DANCE 八重洲』と『九州 熱中屋 浜松町 芝大門 LIVE』で提供をスタートしたそうです。

『ゴーゴーカレー』といえば、金沢名物の黒くて濃厚なルーが特徴。このルーをベースに、スタミナの代名詞であるニンニク醤油で味付けた豚肉をドン! とのっけた新たな丼物として誕生したのが、「スタミナにんにく醤油豚カレー」です。

「スタミナにんにく醤油豚カレー」は中毒性の高いスタミナ飯だった!

「ゴーゴーカレー監修 金沢カレー」に、にんにくと醤油をベースとしたタレで漬け込んだ豚バラ肉をドーンと盛り付けています。さらに、ゴーゴーカレーには欠かせない千切りキャベツもたっぷりのっけたボリューム満点の一品。ニンニクの香ばしさとカレーのスパイシーさで、毎日食べたくなるくらい中毒性の高いスタミナ飯です。

 サイズはご飯とお肉各150gの「少なめ」から、50gずつ増量した4サイズを展開。ルーは330円、キャベツも200円で増量可能です。

 この「スタミナにんにく醤油豚カレー」をベースに、半熟卵やチーズ、キムチなど6種類のトッピングでアレンジも可能。おすすめは、「マシマシ砕きにんにく」(100円)。リモートワークが進む昨今、周りを気にせずニンニクをチャージできるのも嬉しいですね。とことん背徳感を極めたい、そんな猛者にはぜひ試していただきたいトッピングです。

「サクサクチキンカツ」乗せもおすすめ!

 さらに、肉をガッツリ食べたい時は「サクサクチキンカツ」(250円)もお得。存在感のあるチキンカツは、九州産の若鶏を使用。臭みがなく、肉質も柔らかでジューシー、ザックザクの衣の食感も最高です。

 いずれもテイクアウトに対応しています。カレーと豚丼を組み合わせた華麗なる融合をぜひ体験してみてください。

●DATA

ゴーゴーカレー監修金沢カレーの豚めし食堂 八重洲店(GLASS DANCE 八重洲)

住:東京都中央区八重洲1-5-10 蓬莱ビル
TEL:03-3517-4191
営:11:30~14:30
休:月曜

ゴーゴーカレー監修金沢カレーの豚めし食堂 浜松町店

住:東京都港区芝大門2-5-8 芝大門牧田ビルB1F
TEL:03-5473-0030
営:11:30~14:30
休:土日祝

関連リンク

  • 9/4 10:51
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます