元テレ朝政治記者 テレ朝の世論調査をバッサリ「古いんです」週刊ニュースリーダーで

拡大画像を見る

 元テレビ朝日官邸キャップで政治ジャーナリストの細川隆三氏が4日、テレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」に出演。番組内で扱われた世論調査に対して、「このテレビ朝日の世論調査、ちょっと古いんです」と指摘した。

 番組では、3日に菅義偉首相が自民党の次期総裁選に立候補しないと表明したことを特集。「ポスト菅」を占った。

 そこで掲げられたのがテレビ朝日の「次の自民党総裁は誰がいい?」という世論調査。それによれば、石破茂氏が19%でトップ。河野太郎氏が15%、小泉進次郎氏が11%、菅義偉首相が8%と続き、すでに立候補を表明している岸田文雄氏は5%。「国民からの支持が高いのはこの2人。岸田さんはこの2人になったときにちょっと下」と紹介された。

 それに対して、細川氏は「このテレビ朝日の世論調査、僕の前いた会社ですけど、この世論調査は古いんです。これは横浜市長選挙のその日でしょ。市長選挙でああいう結果が出て、と言ったらまた変わってくる」と否定した。

 同調査は、8月21、22日に実施。全国の18歳以上の男女1841人を対象に電話調査で実施されたという。横浜市長選の投開票が行われたのは22日。菅首相の地元で肝いりだった小此木八郎元国家公安委員長が野党推薦の候補に敗れた。これにより、菅首相の党内求心力低下に拍車がかかったとされる。岸田さんの世論の支持は上がってきている。

 細川氏は、横浜市長選の結果が反映されていない世論調査を「古い」として、「(岸田氏支持は)ある調査では二桁いっている。岸田さんが低いなっていうのはちょっと違う」と言及。岸田氏と河野氏、石破氏らの名前をあげながら、「決選投票など、ドラマチックな展開もある」と本命なき総裁選を予想した。

 細川氏は、元テレビ朝日の政治部デスク、官邸キャップで歴代16人の首相を取材している。

関連リンク

  • 9/4 10:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます