「漂着者」6話 斎藤工“ヘミングウェイ”の新たな能力に「未来を変えられる」など驚きの声、リリー・フランキー“深見”の饅頭にも注目

拡大画像を見る

企画&原作・秋元康、主演・斎藤工による「漂着者」の6話が9月3日放送。斎藤さん演じるヘミングウェイの“未来改変”に視聴者から驚きの声が上がるなか、リリー・フランキー演じる深見の寺の“饅頭”にも多くの注目が集まっている。

全裸で海岸に漂着、予知能力を持ち、謎の団体に匿われ、海外の諜報機関からも狙われるヘミングウェイを斎藤さんが演じる本作。幼い頃議員だった父が逮捕された過去を持つ新聞記者の新谷詠美に白石麻衣。

詠美の父とも面識がある上司の橋太に橋本じゅん。ヘミングウェイの秘密を知り利用しようとする、NPO法人「しあわせの鐘の家」主宰のローゼン岸本に野間口徹。ヘミングウェイやローゼンを追う刑事の柴田俊哉に生瀬勝久。柴田とバディを組む意外と武闘派な若手刑事・野間健太に戸塚純貴といったキャストも出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

幼稚園バスの運転手を殺害し、13人の園児を拉致・監禁していた古市琴音(シシド・カフカ)の自宅にローゼン岸本が出入りしていたと知り、柴田は野間を連れ重要参考人としてローゼンを警察に引っ張るため「しあわせの鐘の家」に向かう。しかしそこに総理大臣が現れ、柴田たちは引き下がるしかなくなる。

テレビで総理大臣と公開討論をしてほしいと言われたヘミングウェイは「なぜ記憶もない自分が政治に利用されるのですか」とローゼンに反論。すると「むしろヘミングウェイ様が総理を利用するのです」と諭される。そしてヘミングウェイから自分が予知能力の遺伝子を持っているのかと質問されたローゼンは、無言でうなづく。その後ヘミングウェイは詠美の部屋を訪れ、詠美と一夜を明かす。

そして始まった総理との公開討論。その場でヘミングウェイは総理が死ぬと発言する。激怒した総理はヘミングウェイを退席させるのだが、その時、ヘミングウェイの描いた絵を見た詠美は総理の頭上のシャンデリアが落下することを知る。しかし時すでに遅く、ヘミングウェイの絵の通り総理は死亡する。

その夜、詠美から「未来を変える力があるなら、みんなを幸せにして欲しい」と言われたヘミングウェイは「もう変えてしまいました」と語り、彼女の手帳に“最初に予知した未来”の絵をはさんだと告げる。そこには橋が総理を殺す様が描かれていた…というのが今回のストーリー。

「キャップが総理を殺す未来だった?????」「キャップが総理を殺す未来を変えた」など橋が総理殺害を企てていたことに衝撃が走るとともに、「ん?ちょっと待って?ヘミちゃんが描いた絵を破って違う絵を新しく描けば、未来が上書きされるという事?それはなんかもう予知では無いよね?」「第六感の予知能力+記号新しい力は絵を破れば未来を変えられるって事!?」など、ヘミングウェイの新たな能力にも驚きの声が。

また久々に登場したリリー・フランキー演じる深見龍之介が住職を務める雲行寺の饅頭にも「饅頭にも、あのタトゥーと同じ模様が描いてあったのも気になる」「饅頭に書かれてる二羽の鳥をあのポーズで表してる…??」「饅頭にもマークついてない? リリーフランキーも生贄集める係?」などの反応多数。ローゼンたちのポーズやヘミングウェイのタトゥーと雲行寺の饅頭に刻印されたマークの共通点にも注目が集まっている模様だ。



(笠緒)

関連リンク

  • 9/4 8:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます