失礼です!男性に送ったらマズい「上から目線なLINE」の特徴4つ

あなたは男性に上から目線なLINEを送っていませんか?
もし、悪気なく上から目線ワードを連発しているなら大問題です。

上から目線なLINEの特徴についてお伝えするので、LINEでの言動をチェックしてみましょう。

(1)こんなこともできないの?


上から目線の人は、「こんなこともできないの?」などとバカにしたような言い方をします。
上から目線の人も、たまたま今回はできただけで、できないこともあるはず。

それなのに、どうして人を見下した言い方ができるのでしょうか。
あまりにも冷たい言い方をしていると、男性どころかあなたの周りから人がいなくなりますよ。

(2)どう考えても間違っているでしょ!


自分の考えを伝えたときに、頭ごなしに否定する女性がいますよね。
「どう考えても間違っているでしょ!」などと、冷たい言葉で否定してきます。

こんな言われ方をすると、LINEを続ける気も失せてしまいます。
話していても楽しくないため、「ブロックしよう」とまで思われるかもしれませんよ。

(3)私がやってあげる!


手伝ってくれるのは嬉しいですが、「私がやってあげる!」と言われるのは気分が悪いもの。
それは男性も同じなので、言い方には十分に気をつけなければなりません。

「時間ができたんだけど、手伝えることある?」などと謙虚に聞いてみるといいでしょう。
すると、「じゃあ頼んでもいいかな?」と男性も素直に頼ることができるのです。

(4)忠告したよね?


これからしようとしていることに対して、口出しされることがありますよね。
しかも相談したわけでもないのに失敗すると、「私、忠告したよね?」と上から目線で言うのです。

男性がしようとしていることに対して、自分の考えを伝えるのはいいでしょう。
しかし、実行するか否かは男性の判断なので、余計な口は挟まないのが賢明です。


上から目線で偉そうに言われれば、誰だって気分を害します。
親しい仲だったとしても、礼儀をわきまえるようにしましょう。

相手を傷つけてしまうような、上から目線LINEを送る女性になってはいけませんよ。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/3 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます