島根の酒造りの進化!水の都松江市の「國暉酒造」から新しいラインアップが登場


水の都松江市の「國暉酒造」から、文化の伝承と革新をテーマに開発した新ラインアップが9月1日(水)より登場している。

「國暉酒造」の新しい挑戦

島根県の東部に位置する「國暉酒造」。眼前には日本百景に選出された宍道湖があり、日本海から吹き込む湿度の高い風、水の都と謳われる松江市の美しい自然に磨かれた水を用いて伝統的な酒造りに邁進してきた。

今回発売された新商品は、初めて日本酒に触れる人や日本文化に馴染みのない海外の人にも愛される日本酒を目指し、新たな挑戦として開発されたもの。古来から続く造りを一新し、原材料となる米や水の品質から見直して、様々なニーズの購入者に「美味しい」と言われる日本酒であること、よりフルーティーな香りで、酸味とのバランスがとれ、さわやかな甘味でありながらくどく無く、すっきりとした後味であることを目指した。その結果、あらゆるシチュエーションで何度でも楽しめる味の新商品が仕上がった。

日本国内のみならず、世界で日本酒、日本の文化を愛してもらえるよう、ラベルは西陣織ならではの雅な着物の帯をイメージしたデザインとなっている。

新商品ラインアップ


「國暉 -RED-」¥968(税込)は、心地よいフルーティーな香り、柔らかな甘味と爽やかな酸味のバランスが取れた飲み口で、毎晩飲んでも飲み飽きない逸品。様々な製造方法を試みることにより、この味わいをこの価格で実現した。


「國暉 -BEIGE-」¥1,485(税込)は、フルーティーで爽やかな香り、心地よい酸味、純米の醸し出す甘味が特徴で、様々な料理にあわせて愉しむことができる。


「國暉 -DARK RED-」¥1,980(税込)は、ライチ、マスカットを思わせる爽やかでフルーティーな香り、嗅覚で感じた印象にマッチした柔らな甘みと酸味のバランスを口いっぱいで堪能できる。


「國暉 -BLACK-」¥2,750(税込)は、フルーティーな吟醸香がほのかに香り、透明感のあるスッキリとした味わいで、様々な料理とペアリングして愉しめる。大切な人との特別な食事のお供にもおすすめだ。


「國暉 -PURPLE-」¥2,750(税込)は、澄んだフルーティーな吟醸香、爽やかな甘味、酸味のバランスが取れた味わいと、上品な喉超しが特徴。最上級の品質を体験できる。

Twitterキャンペーンも開催中

また発売開始に伴い、9月1日(水)〜7日(火)の期間、同社Twitterアカウントにてプレゼントキャンペーンを開催中。抽選で「國暉 -PURPLE-」が30名に当たる。詳しくは同社Twitterアカウントの該当ツイートで確認を。

画像をもっと見る

  • 9/3 17:36
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます