頻繁なLINEはbot扱い!? 女子の空回り恋愛エピソード5つ

好きな人によく思われたいのはみんな同じ。とはいえアプローチもやりすぎると悪印象になります。ドキッとしてもらうどころか、彼にギョッとされたら立ち直れないですよね……。そこで今回は「女子の空回り恋愛エピソード」をご紹介します。

気合いを入れたらド派手な格好に

「デートだからと気合いを入れたら、グリグリの巻き髪に濃いメイク、ガーリーすぎるファッション……と足し算だらけの格好になってしまった。派手すぎて彼も隣を歩くの恥ずかしかっただろうな」(20代/接客)

▽ もし彼が全身チグハグなコーデできたら、ちょっと引いてしまいますよね。男性も同様に、女性の派手ファッションにはビックリするはず。何事もやりすぎ厳禁ですね。

知ったかぶりをしてしまった

「気になる彼の話に合わせたら、単なる知ったかぶりになっていたこと。彼の中で私がウソつきになっているのかと思うと、時を戻したくなります……」(30代/福祉)

▽ 自分では話を盛り上げたつもりでも、テキトーな発言は不信感を持たれる原因になります。男性は教えたがりな人も多いので、わからないことは素直に聞いたほうがよさそう。そのほうが話も盛り上がりますよ。

ぶりっ子でドン引きされた

「合コンでイケメンの気を引こうと、自分のことを名前で呼んでみたり、必要以上に身振り手振りを交えたりとぶりっ子を演じたこと。『かわいい』と思ってもらいたかったのですが、結果は惨敗でした」(20代/営業事務)

▽ ぶりっ子や天然はモテると言われますが、加減が難しいもの。やりすぎると作っているのが丸わかりで、一瞬でナシ判定されてしまいます。偽りのキャラはいずれボロが出るもの。最初から無理しすぎないことが、恋愛成就の近道かもしれませんね。

頻繁にLINEしていたら…

「好きな人に毎日『おはよう!』『今日も学校頑張ろう!』と送っていた大学時代。うまくアプローチしたつもりが、裏でbot扱いされていました……」(20代/住宅)

▽ LINEも頻繁に送りすぎると、迷惑がられてしまいがち。一度マイナスイメージを持たれてしまうと挽回するのは難しいからこそ、相手の反応をよく見たいですね。

マシンガントークをしてしまった

「アプリで知り合った男性と会うことに。そしたら思っていた以上にカッコよくて、テンションが上がってしまって。仕事のグチや元カレネタなど、一方的に喋りまくってしまった。優しい人だったのでニコニコ聞いてくれたけれど、そのあと音信不通になりました」(20代/人材)

▽ 楽しむのはいいことなのですが、あまりにマシンガントークすぎると圧を感じるもの。ましてやネガティブトークはNG! それに一度に相手を知りすぎてしまうと、また会おうとは思えないのかも。舞い上がっているときほど、自分を客観視することが大事でしょう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/3 13:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます