神尾楓珠、バラエティ番組で株を上げる稀有な俳優と認定されたこれまでの戦歴

拡大画像を見る

 8月27日放送の「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)に出演した「国宝級イケメン」の称号を持つ神尾楓珠。この日の放送で神尾は「バラエティに出ると『国宝級イケメン』と言ってくださる。それ、すごい嫌なんですよね」と告白。その理由として「ハードルが上がるし、オープニングで『国宝級イケメンの神尾楓珠です!』って、キャッチーだからみなさん言ってくださった時に『いや、違います』なんて言えないじゃないですか。場が円滑に進まなくなるから。しょうがなく『よろしくお願いします』とやってたらSNSで『なんでコイツ受け入れてんだよ』って」と説明。

 しかし、芸能界に入ったきっかけを質問され「自分でオーディションに応募しました」と返答。MCの松本人志から「「絶対(自分のことを国宝級イケメンだと)思ってるやん。自分から煽ってきてるやん」とツッコまれた。

 さらに神尾は先輩からのアドバイスを「自分が必要だと思ったら聞きますけど、これは俺と感性や感覚が違うなと思ったら聞き流します」と笑顔で暴露。アドバイスをされることが好きじゃないと言い、「事務所に入った時、事務所の方に『いろいろ勉強したほうがいいよ』ってオススメ(作品)を渡してもらったんですけど、1個も見てない」とあけすけに語った。

「神尾は今年2月8日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した時も、以前から芸能事務所3~4社からスカウトを受けていたけれど、サッカー以外のことに興味がなかったため辞退し続けていたと述懐。しかし高校に入り、サッカー部の規則としての坊主頭がイヤで、『やっぱちょっとチヤホヤされたいなと思って』校則違反の芸能活動を始めれば、厳しい監督と会わずにサッカー部を辞めて逃げ切れると考え、事務所のオーディションを受けて合格。そのまま転校したと明かしました。また、2月13日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)出演時も、面倒くさがりのため、以前は下着を5日間も替えなかったことや1枚のバスタオルを洗濯せずに1~2週間使い続けていたと告白。自身の短所をサラリと平気で明かすため、バラエティ番組で素顔がバレて世間から批判される俳優が多い中、『神尾くんはバラエティに出演して株が上がる稀有な俳優の1人』と認識されているようです」(女性誌記者)

 10月9日スタート予定のドラマ「顔だけ先生」(フジテレビ系)で、顔だけはいいけれど教師らしいことは一切しない、私立「菊玲学園高等学校」日本史の非常勤講師・遠藤一誠を演じる神尾。神尾にしかできない「顔だけいい先生」とはどんな先生なのか楽しみだ。

関連リンク

  • 9/3 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます