秋の味覚を濃厚だしで味わおう!「だしを愉しむ 栗ごはんの素」が発売


にんべんか展開する「だしを愉しむ 炊き込みご飯の素」シリーズから、秋季限定商品「だしを愉しむ 栗ごはんの素」が9月1日(水)より、秋季限定で発売中だ。

「NIHONBASHI」シリーズの商品

「だしを愉しむ 栗ごはんの素」1,080円(税込)は、本枯鰹節の濃厚だしで、秋の味覚“栗”を味わう「NIHONBASHI」シリーズの炊き込みご飯の素。化学調味料・保存料は無添加。


「NIHONBASHI」シリーズのブランドマークは、歴史と伝統の象徴でありながらグローバルな視点と新しい感性を表現しており、にんべんではこのロゴマークが付与された商品を、同社の最上位の商品として位置づけている。

なお、同商品には「だしを愉しむ 炊き込みご飯の素」シリーズの他商品に添付されている「フレッシュパック本枯鰹節物語2.5g」は、添付されない。

本枯鰹節だし特有の上品な味と香り


本枯鰹節には厳密な定義があるわけではなく、同社の場合、カビ付けの工程を4回以上繰り返したものを本枯鰹節としている。本枯鰹節は荒節からさらにカビ付けと乾燥(天日干し)を繰り返すため、つくるのに手間と時間がかかる。荒節の工程に加えて3~5ヶ月かけじっくりと作り上げた本枯鰹節は、長い時間をかけることで芳醇な香りとなり、魚臭さが弱まり、味に深みが出るという。

「だしを愉しむ 栗ごはんの素」を使って、季節の素材とともに、本枯鰹節特有の上品でまろやかな味と香りの炊き込みご飯を楽しんでみては。

画像をもっと見る

  • 9/3 16:11
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます