堀田茜、スーツで美スタイル披露 本物のバンクシー作品に興奮「鳥肌立った」

【モデルプレス=2021/09/03】女優の堀田茜が3日、都内で行われたメディア内覧会に参加。英国を拠点に活動する覆面アーティスト・バンクシーの「風船と少女」を鑑賞した。

◆堀田茜、バンクシー作品に感動

全身真っ黒のパンツスーツ姿で登場した堀田。「風船と少女」を前に「本当に迫力があってすごく衝撃。渋谷のど真ん中にバンクシーの本物の絵が見られるとは。大画面のモニターに囲まれていて、映像が流れるとバンクシーの絵が現れる演出がすごく素敵で、鳥肌が立った」と感激していた。

バンクシーの魅力については「社会風刺が多い。みんなが心のどこかに抱えている声を拾ってキャッチーな絵を通して伝えている。なおかつ正体が不明なのは至極のエンターテイメント」と熱弁。バンクシーは匿名だが、「わからないこそ夢がある。今の時代はネットで特定とかできるけど、わかりたくない自分もいる。わからないままでいてほしい」とした。

美術館には「たまに行く」という堀田。「美術には詳しくないけど、印象派の柔らかい絵も好きだし、現代アートも好き。美術館は静かな雰囲気が好きで癒やされる」と語った。コロナ禍前は、バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ』のロケで海外に赴くことも多かったが「イッテQのロケは怒涛なので地元の美術館に行っている時間がない(笑)。別の海外ロケで時間があれば海外の美術館も行きたいですね」と話した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/3 14:54
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます