坂上忍 菅首相の不出馬会見に複雑「今ぐらいの形で伝えていただけてたら」

拡大画像を見る

 俳優・坂上忍が3日、MCを務めるフジテレビ系「バイキングMORE」に出演。この日の午後1時過ぎから急きょ始まった菅義偉首相の総裁選不出馬会見に「今まで何度となくあった総理の会見が今ぐらいの形で伝えていただけてたら、全然印象変わってたんじゃないのかな」と、率直な印象を口にした。

 菅首相は首相官邸で行った会見で「先ほど開かれました自民党役員会において、私自身、新型コロナ対策に専任をしたい、そういう思いの中で自民党総裁選挙には出馬をしない、こうしたことを申し上げました」と報告。「私自身、出馬を予定する中で、このコロナ対策と選挙活動、こうしたことを考えた時に実際、莫大なエネルギーが、これ必要でありました。そういう中で、やはり両立はできない。どちらかに選択すべきである」と考えての決断であることなどを説明した。

 覚悟を決め、すっきりしたような表情で話す首相の姿に、坂上は「個人的な感想ですけど…総理がおっしゃった、総裁選とコロナ対策の両立っていうのは無理なんだ、だからコロナ対策を選んだんだ。その内容、理由に関して受け止め方は人それぞれでいいと思う。ただ、僕は話し方を聞いてて、今までの何度となくあった総理の会見が今ぐらいの形で伝えていただけてたら全然印象変わってたんじゃないのかなって、ふと思っちゃった」と複雑な表情を見せた。

関連リンク

  • 9/3 14:57
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます