この漢字一発で読めたら凄い…!【翻車魚】ある場所で見た事ある人は多いかも!

日本には、漢字表記が当て字である生物や植物が非常に多いですよね。
「翻車魚」も当て字で表記する生物のひとつ。

目にしたことがある人も多く、正解を知ったら驚くかもしれませんよ!

(1)「翻車魚」の読み方


冒頭でもご紹介した「翻車魚」、読めたという方は少ないのではないでしょうか?
ではヒントをいくつかお伝えします。

「翻車魚」は、「魚」がついているように海に棲む生物の名前です。
体は大きく特徴的な見た目をしており、一度見たら忘れられないかもしれません。

実は水族館の人気者で、イルカやペンギンに隠れた主役のひとつと言えるでしょう。
目立って取り上げられることは少ないものの、愛嬌のある顔に和む方も多いのでは?

ここまでのヒントで、わかった方も多いはず。
「翻車魚」の読み方の正解は「まんぼう」です。
(『広辞苑』より)

(2)「翻車魚」の意味


「翻車魚」を目にする機会はあっても、どんな生物なのかは知らない方も多いのでは?
「翻車魚」はマンボウ科の海産の硬骨魚で、全長はなんと4m。

皮膚は革のようになめらかで、銀色の見た目が屈強にも見えます。
ですが、海面に浮いてひなたぼっこをすることも多々ある、可愛らしい生き物なんです。

半開きに見えるぽってりした唇が少しお間抜けな印象もありますよね。
(『広辞苑』より)

(3)「翻車魚」の由来


あのマンボウが「翻車魚」と表記される由来も、併せてご紹介しますね。
「翻」は「ひるがえる」「ひっくり返る」という意味をもち、「車」は車輪を表現しています。

魚としては独特の、車輪のような丸い形をしているマンボウは、海面で横向きに浮かんでいる姿が度々見られますよ。
その姿が、ひっくり返った車輪のように見えたのかもしれません。

水族館では浮いている姿を見る機会はほとんどないので、目にしたことがあるなら貴重ですよ。
(『広辞苑』より)


「翻車魚」の読み方は把握できましたか?
当て字ということもあり、一発で読み解けた方は少ないでしょう。

この機会に覚えておき、水族館で「翻車魚」を見つけた際は知識も披露してみると驚かれるかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/3 6:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます