木村拓哉、超独走「野球持ち」に加え…ハンバーガー「キムタク食い」に「真似したい」盛り上がり!!

拡大画像を見る

 木村拓哉(48)が9月2日放送の『ニンゲン観察バラエティモニタリング』(TBS系)に出演した。

 今回木村は、視聴者の夢を叶える『超難問プレッシャーチャレンジ』というロケ企画に参加。その道中、共演のブラックマヨネーズ・小杉竜一(48)の希望で木村がCMに出演するマクドナルドに立ち寄る場面があった。

「木村と小杉はドライブスルーで、“ダブルチーズバーガー”のセットを購入し、店舗の駐車場で食事をとることになりました。そこで木村は、サイドメニューのチキンマックナゲットのマスタードソースを取り出し、“いつも自分がやってるのは、ダブチを頼んで食べるところにマスタードソースをちょっとのっけて……”と、独自のダブルチーズバーガーの食べ方を説明します。

 木村は、このアレンジメニューを食べて“う~ま!”と満足気な表情をしていて、これを真似した小杉も“美味しい!”と大絶賛していました」(テレビ誌ライター)

 視聴者からは「ダブチにナゲットでマスタードソースのセットを頼む人増えそ〜」「ダブチにマスタードソースかけてたキムタクを見た子供達が何それやってみたいってよ」「キムタクの真似絶対したい」との声や、「キムタクのマック見たら食べたくて出前館してしまった ダブチにマスタードうまかったわ!」と、すでに実践した人の声もネットには寄せられていた。

■過去にも披露していた“木村流”!

 視聴者からの反響が相次いだ“木村流ダブルチーズバーガーレシピ”。木村は、これだけにとどまらず、過去にも“木村流”の食べ方を披露している。

「木村は、マクドナルドのCMで、ハンバーガーを中指と薬指の間に挟んで残りの指で支える、野球の“シンカー”を投げるときのボールを握り方を彷彿とさせる、“キムタク持ち”と呼ばれる独特な持ち方を披露したことでも話題になりました。

 ハンバーガーだけでなく、木村は2019年4月に配信された『木村さ~~ん!』(GYAO!)では、独自の納豆の食べ方を披露しています。木村は、“プラスチック容器の中で納豆を軽く混ぜ、そしてお皿など別の容器に移してかき混ぜ始める”と明かしていました。

 今年7月25日放送のラジオ番組『木村拓哉 Flow』(TOKYO FM)でも、はちみつ漬けの梅干し、わさびをミックスし、そこに千切りにした大葉、刻みネギ、めんつゆを加えたキムタク流“アレンジそうめんレシピ”を公開していましたね」(女性誌記者)

 いつ何時も大注目を集める木村は、何事も“自分流”がないと気がすまないのかもしれない。

「ハンバーガーの“キムタク持ち”では、“キムタクの持ち方なんかイラっとする…”“もはやハンバーガー握ってるじゃん”とネットではけっこうイジられていましたが、木村流の食事法やレシピは、その都度大きな話題になりますし、さすがはスーパースター! というところではないでしょうか」(前同)

 常に話題を作る木村流の食べ方。そのうち“キムタク流”がスタンダードになっているのかも!?

関連リンク

  • 9/3 11:36
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます