横浜FMに痛手…DF畠中槙之輔が左ハムストリング付着部損傷で全治6カ月

拡大画像を見る

 横浜F・マリノスは3日、DF畠中槙之輔の負傷を発表した。

 畠中は8月28日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節の鹿島アントラーズ戦で負傷。神奈川県内の病院で手術を実施し、診断の結果、左ハムストリング付着部損傷で全治6カ月の見込みとなった。

 現在26歳の畠中は今シーズンここまでリーグ戦26試合に出場していた。逆転優勝を目指し、勝ち点「4」差で首位川崎フロンターレを追いかけている2位横浜FMにとって畠中の長期離脱は大きな痛手となりそうだ。

関連リンク

  • 9/3 11:09
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます