「それは人に言わないほうがいいよ…」と思われる彼氏自慢9パターン

素敵な彼氏ができれば誰でも嬉しくなり、テンションが上がるもの。思わず周囲の友人に「彼氏自慢」をしがちですが、なかには語るべきではないエピソードもあるようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「『それは人に言わないほうがいいよ…』と思われる彼氏自慢9パターン」をご紹介します。

【1】「アイドルの○○にそっくりなの!」などのイケメン芸能人に似ている自慢
「彼氏が好きなの? その芸能人が好きなの?」(10代男性)など、「○○に似ている」という表現をすると、ミーハーで軽い性格だと思われそうです。彼氏のかっこ良さを自慢するなら、外見よりも内面を褒めた方が好印象でしょう。

【2】「お金持ちの息子なんだよね」などの実家裕福自慢
「人間性と関係ないし、お金に目が眩んでいそう」(20代男性)など、彼氏の実家が裕福でも、それを誇らしげに語るのは品のない行為と言えそうです。どうせなら「○○を目指している」「○○を頑張っている」など、彼氏自身の努力について語りたいものです。

【3】「若い頃は結構悪かったんだよー」などの過去のやんちゃ自慢
「まったく自慢できることじゃない」(20代男性)など、彼氏のかつての「悪さ」を高らかに語ると、自分自身もモラルの低い人間だと疑われるようです。反社会的な行為は、一般社会では自慢にならないと心得るべきでしょう。

【4】「出会ったその日に付き合うことになったんだ」などのスピード自慢
「軽い女だと宣言しているようなもの」(20代男性)など、たとえ運命のような出会いだったとしても、付き合うまでのスピードが速すぎると、他人からは尻軽な女性に思われるようです。事実であっても、わざわざ言うべきではなさそうです。

【5】「いまの彼氏は医者でさ」などのハイクラス職業自慢
「男性をスペックで選んでいる感じがアリアリ」(30代男性)など、彼氏の職業を自慢気に語ると、条件面ばかり重視して恋人を選んでいると思われそうです。せめて彼氏との共通の趣味についてなど、人間性が伝わるような「条件」なら語る意味がありそうです。

【6】「二人のときは赤ちゃん言葉で喋ってくるの」などの甘えん坊自慢
「他人からしたら気持ち悪いだけ」(20代男性)など、二人きりのときの彼氏の甘えエピソードは、他人にとっては大抵不気味なものです。ましてや共通の知人に語ると、彼氏の評判を低下させる可能性もあるので、避けるべきでしょう。

【7】「すごくモテる人だから心配」などの彼氏モテる自慢
「浮気がちな男に引っかかったんだ、と思う」(10代男性)など、いくら魅力的な男性でも、彼女に心配をさせている時点で周囲は「浮気者」というイメージを抱くようです。自慢するなら、「でも私だけを大切にしてくれる」というフォローが不可欠でしょう。

【8】「お願いすればなんでも買ってくれるの」などの貢がせ自慢
「男を財布代わりに考えていそう」(20代男性)など、彼氏へのおねだりを自慢すると、他人には「男に貢がせている」という印象を与えるようです。高価でなくても嬉しかったプレゼントについてなど、精神的な喜びを語りたいものです。

【9】「昨日、お家デートで一日中キスしてたんだ」などの熱々自慢
「やたらテンションが高いと、聞かされる方は冷める」(20代男性)など、彼氏との熱々ぶりを語って聞かせても、周囲は萎えるだけのようです。二人の関係について語るなら、口にする前に「自分が聞かされて面白い話か」を考えましょう。

ほかにも、「『それは人に言わないほうがいいよ…』と思われる彼氏自慢」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/3 11:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます