イランが唯一の白星スタート…韓国はイラクとドロー/W杯アジア最終予選

拡大画像を見る

 FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・グループA第1節が2日に各地で行われた。

 イラン代表はホームでシリア代表と対戦。56分のアリレザ・ジャハンバクシュのゴールが決勝点となり、イランが1-0で勝利を収めた。グループAでは唯一の白星スタートとなった。

 韓国代表はイラク代表をホームに迎えた。ソン・フンミンやファン・ウィジョらに加え、Jリーグ勢のGKキム・スンギュ、キム・ヨングォンがスタメンに名を連ねた一戦はスコアレスドローに終わった。

 グループAのもう1試合ではUAE代表とレバノン代表と対戦し、0-0のドローに終わった。

 第1節の試合結果と順位表は以下の通り。次節は7日に開催される。

■試合結果
イラン代表 1-0 シリア代表
韓国代表 0-0 イラク代表
UAE代表 0-0 レバノン代表

■順位表
1位 イラン(勝ち点3)
2位 イラク(勝ち点1)
3位 韓国(勝ち点1)
4位 レバノン(勝ち点1)
5位 UAE(勝ち点1)
6位 シリア代表(勝ち点0)

■次節対戦カード
▼7日
韓国 vs レバノン
シリア vs UAE
イラク vs イラン

関連リンク

  • 9/3 10:42
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます