岡田健史、事務所との泥沼裁判「敗北」後の「大暴走手書き決意文」に「芸能界総スカン」のワケ!

拡大画像を見る

 所属事務所に契約解除を求め、裁判を起こしていた俳優の岡田健史(22)が8月31日、同事務所と和解したことが事務所ホームページで発表された。

 岡田と事務所との間にミゾができたのは、3月10日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で事務所社長のパワハラ疑惑が報じられたこときっかけ。それから、岡田は社長と距離を置き始め、岡田は専属契約解除の仮処分申請と、本名での芸能活動を求めて裁判を起こしていた。

 岡田は2018年10月放送のドラマ『中学聖日記』(TBS系)に準主役の中学生役で出演。9月1日付の『デイリー新潮』では、このときの待遇に岡田が強い不満を持ったのではないかと伝えている。

 記事によると、当時は岡田は無給でiPhoneを支給されただけ、撮影終了後にはアメリカ・ロサンゼルスに事務所の費用で留学したものの、仮処分申請直前の手取り月給は15万円、ボーナスは150万円だったという。

「岡田ほどの売れっ子俳優が月15万円では、たしかに不満も言いたくなる。とはいえ、芸能界は契約社会。裁判所も事務所と岡田の契約に則った判決を出すほかなかったというところでしょう」(夕刊紙デスク)

 岡田は、事務所に入社するにあたって2018年4月、5年間のアーティスト契約を結んでいる。

「裁判後に事務所が発表した声明にもありますが、あと1年半は同事務所に所属して芸能活動を続けることになります。8月31日付の『NEWSポストセブン』では岡田が“完敗”したという記事を出しましたが、岡田の主張が通らなかったという意味では、たしかに彼の敗北だったでしょうね」(前同)

■裁判決着直後の手書きメッセージが業界内で物議

 8月31日、事務所は「弊社及び弊社所属タレントとの仮処分における和解成立のご報告」と題し、岡田と円満に和解したとし、「岡田健史は専属契約が同契約に定める契約終了日まで有効に存続することを同意しました」と声明を発表。

 そして「当初の契約期間どおり2023年3月31日まで弊社所属タレントとして引き続き『岡田健史』として活動してまいります」と報告した。

「現在の活躍ぶりに見合っていない待遇だった岡田に対しては、業界内でも“可哀相だ”という同情的な声もありました。ただ、その声をかき消してしまうようなことが起きてしまったんです。

 それが、岡田がインスタグラムにアップした“手書きメッセージ”です」(芸能プロ関係者)

 8月31日、岡田は「皆様へ!」というコメントともに、筆でしたためた以下の手書きのメッセージをインスタグラムに投稿したのだ。

 人間って面白い。
 どこまでも直球な中学生から始まり、ある時は熱血刑事、ある時は一国の王様、ある時は幕末の武士。
 これまでかけがえのない役と作品と出会って、人間って愚かで、愛らしくて、悲しくて、馬鹿で、とにかく面白い。人間のことをもっと知りたくなった。
 ただの青年だった私に奇跡が起きたのは、紛れもなくスウィートパワーのおかげです。
 私を見出し、私に学びの場を与えてくださったこと、一生忘れません。
 約1年半でスウィートパワーを退所しますが、残りの1年半は勿論のこと、これからの先の長い人生を私らしく泥臭く、青臭く生きていきます。グラウンドに生える雑草のように。

「裁判の決着後、事務所がホームページで声明を発表しましたが、その少し後に岡田がインスタにメッセージを投稿したんです。この行動に対して業界の人たちからは“ちょっとどうなの?”“あれはまずい”という声が出ているんです。

 決着後、岡田から事務所サイドに対し、“応援してくれている人たちに対して、どうしても自分の言葉でもメッセージを出したい”と相談があり、事前に了解はとっていたとはいいます。ただ、パソコンで打ったメッセージではなく筆で書いた“手書きメッセージ”だった。

 しかも、そこには“約1年半でスウィートパワーを退所しますが”という記載がある。一応、和解という形で決着がついたのに、ここまで明確に書かれると、半ば決裂している印象になってします。実際はそういうことだといいますが、裁判が終わった瞬間にそのようなことを言われる、書かれることを、事務所は全く想定していなかったといいますね」(前同)

■「1年半で退所します」宣言で事実上の“塩漬け状態”に!?

 岡田が用意したメッセージが手書きだったため、修正させることもできず、事務所サイドは渋々、その手書きメッセージをインスタに投稿することを了承したという。

「岡田はとにかくこだわりが強く、一度決めたら何が何でもそこに向かって突き進むような性格だといいます。それは裁判という手段をとったことからも明らかですし、手書きの文章からも伝わってきますよね。しかし、裁判で一応の決着が着いたにもかかわらず、このようなメッセージを発信することに“あまりにもやり方が強引すぎるのでは”という声も出ているんです。

 もちろん、彼の待遇がよくなかったことのも分かりますし、“可哀相だ”と同情的な声もあった。しかし、このようなあまりにも強引な言動を見ると、仮に1年半後、別の事務所に移籍するとなっても“うちでは扱いきれない”という評価にもなりかねません」(前出の芸能プロ関係者)

「約1年半で退所します」と宣言された以上、事務所としてもCMなどの長期契約の仕事を入れることはできないだろう。

「ドラマのオファーもややこしいことになりそうなので、と新規のものはなかなか来ないのではないでしょうか。撮影期間中にまた事務所と揉めるようなことになったら大変ですしね。そのため、今後、岡田が事実上の塩漬け状態になるのではないかという見方もあります」(前同)

 一部では、岡田は上白石萌音(23)、深津絵里(48)、川栄李奈(26)がヒロインを務める秋のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演することが内定しているという報道もあった。

 しかし、前出の『デイリー新潮』では「それは正しい情報ではない」というNHK関係者の証言を掲載し、岡田の『カムカムエヴリバディ』への出演を否定している。

「これまでは同情的な声もあったわけですが、今回の手書きメッセージを含め、強引なやり方で岡田自身が損をしてしまっているような状況です。裁判が決着し、あと1年半は事務所に所属することは受け入れるほかない。だったら、残りの期間は自分キャリアのために粛々と仕事をこなせばよかったのではと。

 それが、今回の手書きメッセージの件もあり、来るはずの仕事も来なくなってしまう可能性まで出てきた。また、岡田は8月31日、インスタから過去の写真すべてを削除し、現在は2つの投稿しかありません。これも事務所が削除するよう指示したわけではないそうで、岡田が自身の意思で行なったことだといいますね……」(同)

 事務所と“和解”に至った岡田だが、今後の俳優活動は果たして――。

関連リンク

  • 9/3 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます