どうしていいかわからない…。沈黙が嫌にならない方法ってある?

拡大画像を見る


二人で話をしているときは特に、沈黙になることがありますよね。
沈黙の時間は、何を話したらいいのか分かりませんし、ちょっと気まずい空気が流れてしまいます。
そのため、沈黙になるのが怖いという方も多いことでしょう。
そんな沈黙が怖い方必見!
今回は、沈黙が嫌にならない方法をご紹介するので、沈黙になったらぜひ試してみてくださいね!


沈黙になったらどうする?

沈黙になったら、あなたはどうしますか?
沈黙になったときには、以下のような行動を取る人が多いです。
・相手が話してくれるのを待つ・適当に話題を振る・景色を見る・スマホを見る
など、沈黙になってしまうとその気まずさから、自分から話題を振ってみたり、会話ではなく他のことをする人が多いようですね!


沈黙の時に試したいこと

「できることなら沈黙を避けたい!」と思っているのなら、ぜひ以下の行動を試してみてくださいね。
きっと、沈黙を破ることができますよ。
・目に入った物を話題に出す
沈黙になってしまったら、自分の身の回りにある物を話題に出してみてください。
たとえば、目の前に飲み物があったら、「好きな飲み物は?」などと質問すると、沈黙を破ることができますよ。
・心理テストをする
沈黙を破りたいときは、心理テストをしてみるといいですよ!
スマホなどで検索をすれば、無料でできる心理テストがたくさん出てくるので、ぜひやってみてくださいね!
・スマホアプリで一緒に遊ぶ
沈黙の時は、スマホアプリで一緒に遊ぶのもおすすめ!
たとえば、オセロやカードゲームなど、スマホアプリには一緒に遊べる物がたくさんありますよね。
一緒にアプリで遊べば、自然と会話も弾むのでおすすめですよ!


沈黙が嫌にならない方法3選!

次に、沈黙が嫌にならない方法を3つご紹介するので、ぜひ目を通してくださいね♪
・沈黙も大切だと思うようにする
沈黙も大切だと思うようにすると、無言の時間も嫌にならないですよ。
たとえば、沈黙の時間では、相手のことを考えたり、次はどんな話をしようか考えることができるので、ある程度の沈黙はコミュニケーションを取る上でとても大切です。
このように、沈黙のメリットを考えるようにすると、沈黙があっても嫌だなと感じることが減りますよ。
・沈黙は当たり前だと思う
沈黙が起こるのは当たり前だと思うようにしましょう。
家族や親しい友人と一緒にいても、沈黙になることってありますよね。
しかし、家族や親しい友人といるときの沈黙って、全然苦じゃないですし、気にならないものです。
このように、沈黙の時間が訪れるということは、親しい間柄でも普通に起きることなので、「沈黙は絶対に起こることだ」と思うようにすると、気持ちが楽になりますよ!
・沈黙になった時ように話題を用意しておく
沈黙になった時のために、いくつか話題を用意しておくと安心ですよ!
たとえば、家族構成や学校、仕事の話など、他愛ないことで大丈夫です。
話題さえあれば、沈黙になってもすぐに沈黙を破ることができるので、あらかじめ話題を考えておくといいですよ♪


沈黙は誰にでも起こる!

沈黙になってしまうと気まずくて居心地が悪くなってしまいますが、それはしょうがないことです。
沈黙は誰にでも起こることだと割り切って、いざ沈黙になった時のために、話題を考えておくなどの準備をしておきましょう。
そうすることで、沈黙が起きても嫌だなと感じることが減ってきますよ!
必要以上に沈黙を怖がらず、相手との会話を楽しんでくださいね!


まとめ

沈黙になってしまうと、嫌な空気になってしまいますよね。
そのため、早く沈黙を破りたいと思う人も多いです。
もし沈黙になったら、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてください!
きっと、沈黙に対するイメージが変わりますよ♪(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/2 19:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます