「+メッセージ」がサブブランドとMVNOで利用可能に、9月2日から順次対応

拡大画像を見る

 NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクは、携帯電話番号で安全にメッセージの送受信ができるサービス「+メッセージ」をキャリア3社のサブブランドとMVNOで利用を可能にする。9月2日から順次対応していく。

 「+メッセージ」は2018年5月に提供を開始したサービスで、21年7月には利用者が2500万人を突破した。9月2日にUQ mobileとMVNO(au回線)が対応、9月下旬にMVNO(ドコモ回線)、22年春にワイモバイルとMVNO(ソフトバンク回線)が対応する。
 今春からスタートしたキャリア3社の新ブランドでは、NTTドコモのahamoとKDDIのpovoは対応済み。ソフトバンクのLINEMOはワイモバイルなどと同じ22年春を予定している。

関連リンク

  • 9/2 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます