吉本ら「チーム関西」のフェス中止を発表 「Warai Mirai Fes」

 吉本興業は2日、9月23日から26日まで大阪・万博記念公園で予定されていたイベント「Warai Mirai Fes 2021~Road to EXPO 2025~」を新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて中止することを公式サイトで発表した。当初、4月29日から5月2日に予定されていたが、コロナ禍で9月に延期されていた。

 公式サイトで「本イベント開催にあたり、徹底した感染予防対策等、健康・安全面に万全を期す体制で準備を進めて参りましたが、多数の来場者が見込まれること、会場周辺の施設や住民への影響等を総合的に判断した結果、中止することに致しました」と説明された。

 「Warai-」は大阪・関西を文化芸術・エンターテインメント・スポーツ都市として発展させることを目指し、吉本工業ホールディングス、大阪ガス、関西電力、在阪テレビ局などで立ち上げた「チーム関西」の第1弾イベントとして予定されていた。

 趣旨として、2025年の大阪・関西万博の開催へ向け、人々の心をつなげ、SDGsの目標達成を旗印に、大阪のエネルギーの源たる笑い、食、そして音楽の力でムーブメントを関西から日本、世界へと広げるとしていた。

関連リンク

  • 9/2 13:05
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます