「この子、自分のハウスじゃないのに…」 猫に奪われたシベリアンハスキーは?

拡大画像を見る

シベリアンハスキーのユキちゃんと、猫のレンちゃんと暮らしている、かもしか(@b09a2032c)さんは、2匹の日頃の様子をTwitterに投稿しています。

ある日、ユキちゃんのハウスで、レンちゃんが我が物顔でくつろいでいました。

これではユキちゃんがハウスに入れません。しかし、どく気配がないレンちゃん。

ユキちゃんは、レンちゃんの様子を見てどうしたかというと…。

ひたすらに待つという選択をしたユキちゃん。

「この子、自分のハウスじゃないのにどかないんですけど…」と目で訴えつつも、ハウスの外でレンちゃんにどいてもらうのを待つことにしたようです。

【ネットの声】

・猫の「え、どうした?」っていう表情がたまらない。

・ユキちゃん、優しすぎる。無理やり入っていかないのね。

・目を合わせないところが平和的解決を求めているように見える。

・切ない表情に優しさと哀愁を感じました!

かもしかさんの「またハウスが占領されてる…」というコメントから、このような状態なのは今回が初めてではない様子。

ユキちゃんも、「まただ…」と慣れっこなのかもしれません。

その後2匹仲よく、ハウスに入って過ごしたようです。よかったね、ユキちゃん!

[文・構成/grape編集部]

出典 @b09a2032c

関連リンク

  • 9/2 12:58
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます