『科捜研の女 劇場版』で未知なる細菌との闘い!放送22年目を迎える沢口靖子主演作の味わい

拡大画像を見る

 科捜研の女vs.マッドサイエンティスト。テレビシリーズに続いて、沢口靖子が法医学研究員を演じる『科捜研の女 劇場版』(9月3日公開)は、シリーズ史上最強の敵となる天才科学者役の佐々木蔵之介と対決するスリリングな内容となっている。長年のファンだけでなく、テレビシリーズを観ていない人でも充分に楽しめる明快なミステリー作品だ。

 東映京都撮影所で制作されているテレビシリーズ『科捜研の女』(テレビ朝日系)は、1999年10月に放送スタートし、現行のテレビドラマで最長寿となる大ロングランシリーズ。「科学は嘘をつかない」をモットーとする京都府警科学捜査研究所の鑑定技術職員・榊マリコ(沢口靖子)は、迷宮入りしそうな難事件でも見逃されがちな些細な遺留品を糸口に、真相を解き明かしていく。

 基本的にテレビシリーズは1話完結のエピソードがほとんどのため、シリーズ途中からでも視聴でき、平日午後の再放送までついつい見てしまうという在宅ワーカーも多いのではないだろうか。マリコとは「仕事仲間以上、恋人未満」な関係の土門刑事(内藤剛志)、スイーツをお土産に科捜研に現れる解剖医の風丘(若村麻由美)ら、レギュラーメンバーとのおなじみの展開は劇場版にもしっかりと盛り込まれている。悲惨な殺人事件を扱い、専門用語が飛び交う科捜研だが、マリコの周囲にはのほほんとした空気が漂う。そんな心地よさがこのシリーズの魅力でもある。

 普段から、科捜研を飛び出しての越権行為が目立っていたマリコだが、劇場版では土門刑事との過剰捜査が警察上層部から責められることに。さらには、連続殺人鬼の魔手がマリコにも及ぶ。まさにシリーズ最大のピンチが、マリコに襲いかかる。

 マリコが劇場版で挑むのは、リモート殺人という巧妙なトリック。京都市内で大学教授や准教授が次々と建物から飛び降りて亡くなるという怪事件が発生。現場検証の結果、加害者らしき人間はいなかったことから自殺として片付けられそうになる。だが、マリコは亡くなった人たちが飛び降りる直前に「助けて!」と叫んでいたこと、どちらもウイルスや細菌学の研究をしていたことが気になり、引き続き鑑定を行う。はたして、人間を遠隔操作して死に至らしめることは可能なのか?

 土門刑事らの調べで、亡くなった2人は東京にいる微生物学教授・加賀美(佐々木蔵之介)の研究室を訪ねていたことが分かる。加賀美は腸内細菌の一種である「ダイエット菌」の研究をしており、このダイエット菌を活用すれば、人類は肥満から解放され、さまざまな疾患やコンプレックスをなくすことができるという。加賀美の周囲は彼を崇拝する研究員たちが取り巻き、まるで科学を盲信するカルト教団のようである。未知なる細菌、リモート犯罪、科学者にとってのモラル……、そんな現代的なモチーフが劇場版には取り入れられている。

 劇場版の脚本を担当したのは櫻井武晴。テレビシリーズやスペシャル版を手掛けてきただけでなく、劇場アニメ『名探偵コナン』の脚本家としても知られている。謎多き公安警察を題材にした櫻井脚本作『名探偵コナン ゼロの執行人』(18)は、興収91.8億円のメガヒットを記録した。今回の劇場版にはテレビシリーズの1時間枠には収まらない大どんでん返しも用意してあり、クライマックスは沢口靖子本人が江戸川コナンばりに体を張るアクションシーンが大きな見せ場となっている。

 テレビ放送22年目を迎え、初の劇場版が制作された『科捜研の女』だが、なぜこうも視聴者たちから愛され続けているのだろうか? それはやはり、キャリアのある俳優たちをうまく活かしたアンサンブルの面白さだろう。内藤剛志、若村麻由美らに加え、科捜研内では斉藤暁、風間トオルといったベテラン俳優たちが、主演の沢口靖子を支えている。シリーズを重ねるごとに、キャラクターたちの関係性と俳優たちの距離感とが同化しているのを感じさせる。

 仕事に一途なあまり、マリコは空気が読めないことがしばしば。美人だけど、性格的にはかなりのズボラ。無邪気な少女がそのまま大きくなったような彼女のことが、周囲の人たちは放っておくことができない。家族さながらのアットホームさと、科学者としての矜持は決して忘れないマリコへのリスペクトがほどよいバランスで保たれている。22年経っても、ずっと天然なままのマリコは愛されるキャラクターとして幅広く認知されている。

 テレビシリーズを初期から観てきたファンには、懐かしい顔ぶれが次々と劇場版に登場する。マリコはバツイチという設定だが、その別れた夫である倉橋拓也(渡辺いっけい)はシーズン3以来となる約20年ぶりの出演。マリコは人目があるにもかかわらず、元夫のことを「拓也!」と下の名前で呼び、再会を喜ぶ。マリコと同じくひとり身の土門刑事は、2人の仲良しぶりが気が気ではない。

 マリコの父親で、現在は科学監察官となっている榊伊知郎(小野武彦)、マリコの元上司である宮前守(山崎一)らも姿を見せる。彼らも久々のシリーズ復帰だが、マリコの無茶ぶりによって、男たちはさんざん振り回されるはめに。マリコは男の扱いがうまい。持って生まれた、お姫さま気質らしい。警察という究極の縦社会の一員でありながら、上下関係に縛られることなく、マリコは科学者として真相究明のための最短距離を駆け抜ける。劇場版の姿を見せない真犯人がリモート殺人を仕掛けてくれば、マリコも独自のネットワークを活用した捜査で対抗する。

 仕事にやりがいを感じているマリコは、おそらく再婚することは当分はなさそうだ。彼女は独身である今の生活を不満には思っていない。また、職場の同僚たちはそんなマリコの長所と欠点の両方を理解した上で、見事なチーム力を発揮している。

 歴史のある街・京都を舞台に、独身女性を主人公にした『科捜研の女』には、「理想の職場像」が描かれている。だからこそ、大ロングランシリーズとなっているのではないだろうか。同じくテレビ朝日系の水谷豊主演ドラマ『相棒』とは異なる、はんなりとした魅力が『科捜研の女』にはある。

 

『科捜研の女 劇場版』
監督/兼崎涼介 脚本/櫻井武晴 音楽/川井憲次
出演/沢口靖子、佐々木蔵之介、若村麻由美、風間トオル、金田明夫、渡辺いっけい、小野武彦、戸田菜穂、斉藤暁、西田健、田中健、佐津川愛美、野村宏伸、山崎一、渡部秀、山本ひかる、石井一彰、長田成哉、奥田恵梨華、崎本大海、内藤剛志
配給/東映 9月3日(金)より全国ロードショー
(c)2021「科捜研の女 劇場版」製作委員会
https://kasouken-movie.com

  • 9/2 7:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます