「駆け落ち婚」眞子さまと小室圭さん「年間生活費1000万円」「バカ高税金」「ラーメン店5000円」…「一時金1億5000万円」を断れない「物価高NYド金欠ライフ」!!

拡大画像を見る

 婚約が内定している秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(29)が年内に結婚されると、9月1日の読売新聞をはじめ、複数のメディアが報じている。

 読売新聞は関係者の話として、小室さんはアメリカ・ニューヨーク州で就職する方向で調整が進んでおり、結婚の環境が整いつつあると判断した、と報道。

 小室さんサイドの金銭トラブルなどもあり、また、コロナ禍の現状も踏まえ、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」や結婚式などの関連儀式は行なわない方向で検討されているという。

 眞子さまが小室さんと結婚された場合、皇族の身分を離れることになる。一般的に皇族女性が結婚で皇室を離れる際、品位保持の資に充てるため、一時金が国から支出される。

 9月1日の日刊スポーツによると、政府は2018年度予算案で約1億5000万円を計上していたが、眞子さまはこの一時金を辞退される意向だという。

 金銭トラブルなどが報じられた小室さんとの結婚には反対の声が上がっているだけに、国民感情を配慮して、眞子さまは一時金を辞退される意向なのではないか、と同日付の『東スポWeb』でも伝えている。

 しかし、同紙では一時金は法律で定められたものであり、国の体制に関わる重要なものであるため、辞退するにも議論が必要になるとも報じている。

「儀式もなく、一時金辞退というのは前代未聞。眞子さまは“駆け落ち婚”と言われることも覚悟されて小室さんと結婚する決意なのかもしれません。

 ただ、やはり眞子さまの品位保持のためにも、一時金辞退は難しいのではないでしょうか。小室さんがニューヨークで就職する方向で調整が進んでいるといいますが、ニューヨークは世界的に、物価・生活費が非常に高い都市ですからね」(女性誌記者)

■年収1800万円でもNYでは慎ましい生活に……

 眞子さまは結婚後、小室さんが弁護士資格取得を目指すアメリカで新生活を送るとも報じられている。

 9月1日放送の『ひるおび!』(TBS系)では、ニューヨーク州での1年目弁護士の年収は16万5000ドル(約1800万円)と説明。これにニューヨーク州弁護士資格を持つ国際弁護士の八代英輝氏(57)は「おそらくそれは、ニューヨーク州のマンハッタンのトップ20に入るぐらいの事務所の平均年収」だと補足した。

 マンハッタンには多くの法律事務所が存在し、そのすべてで「こういう収入が保証されているわけではない」とし「一流事務所に就職が決まったのであれば、9月以降、これぐらいの収入が得られる目途が立ったのでは」と推察した。

「しかし、仮に年収1800万円を得られたとしても、ニューヨークでの生活は慎ましいものになってしまいかねないでしょう。この年収であれば、40%が税金で消えてしまう可能性もある。そうなると、手元に残るのは1080万円。さらに家賃は世界屈指の高さですからね」(前出の女性誌記者)

 2020年2月の地元メディア『amNewYork』によると、マンハッタンの家賃は1か月あたり平均4210ドル(約46.3万円)で、全米で最も高いことが明らかになった。

「マンハッタンで一人暮らしする場合、ワンルームでも15万円以下では借りられません。人気エリアではワンルームで30万円、家族向けの2LDKともなれば月50万円以上の物件がほとんどです。

 ただ、これだけの家賃を払ったとしても、古くて設備の悪い物件だったりしますから、皇室出身の眞子さまと生活するのであれば、それ以上の相場の物件に住む必要があるのではないでしょうか」(前同)

 光熱費も電気代とガス代で月1万円前後、夏場にはエアコン代がかさむため月2万円ほどになるという。

■小室さんには奨学金など返済金が1700万円超という報道も

 ニューヨークに活動拠点を置き、ジャズミュージシャンとして活躍している大江千里(60)は、『週刊ダイヤモンド』(8月28日号)のインタビューで、当地の物価について言及している。

 大江によると、ニューヨークで人気のラーメン店では1杯20ドル(約2200円)、トッピングや替え玉をして、ビールを頼むと50ドル(約5500円)になるという。

「ニューヨークではカジュアルなレストランでワインを飲んでディナーを楽しめば、チップも含めて2人ですぐに1万円以上に達してしまいます。仮に自炊での食費が月5万円だとして、月の外食を3回に留めたとしても8万円。食費だけで年間で96万円になります。加えて、移動費、生活必需品や携帯電話代などでも年間100万円はいくでしょう。

 さらにニューヨークは健康保険料も非常に高い。夫婦2人で月12万円だとすれば、年間で144万円にもなります」(前出の女性誌記者)

 また、小室さんにはICU(国際基督教大学)時代の奨学金が約320万円、留学中の生活費は渡米前に務めていた法律事務所からの支援を受けている。

 9月1日付の『文春オンライン』によると、ICUの小学品、留学費用や留学していたフォーダム大学の奨学金などを勘案すると、最低でも1700万円ほど返済する必要があるという。

 一部では、小室さんの母親の小室佳代さんも近い将来、日本を離れてニューヨーク生活に合流する可能性もあるという報道もある。

 そうなると生活費はさらに膨らむだろう。また、日本には佳代さんの父親もおり、医療や介護にかかるお金も小室さんの負担になる可能性もある。

■手取り1080万円で年間生活費は1000万円超!?

 前出の女性誌記者が続ける。

「小室さんの年収が約1800万円だとした場合、税金を引かれて手元に残るのは1080万円。年間の家賃は600万円、光熱費20万円、食費96万円、保険料144万円、移動費、生活必需品や携帯代などの生活のためにかかる費用が100万円超だとすると1年間の生活費は約1000万円。

 加えて小室さんの奨学金などの返済も必要になりますし、皇籍から離脱したとしても周辺には警備をつける必要もあるかもしれません。警備費もかかってくる可能性があります」

 8月25日の『週刊女性PRIME』では、小室さんを支えるべく、眞子さまも協力される可能性があると報じている。

 眞子さまは大学時代に学芸員の資格を取得されており、現在も都心のミュージアムに勤務されている。

「ニューヨークでも博物館に就職し、夫婦で協力して生活していくと記事では伝えています。ただ、小室さんの年収や年間の生活費から考えても、一時金受け取り辞退というのは、眞子さまのためにも現実的には不可能とも思えてしまいますよね……」(前同)

 年内結婚報道が出たばかりの眞子さまと小室さん。2人の今後の動向に注目が集まる。

関連リンク

  • 9/2 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます