中村倫也「無条件に幸せを願っているかわいい後輩」女2人男1人の名前

拡大画像を見る

 8月29日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)で、中村倫也(34)が自身の暗黒期と「無条件に幸せを願っている」後輩たちについて林修(55)に語った。16歳で事務所の養成所入り、2005年公開の映画『七人の弔』で俳優デビュー。その後もドラマ出演など、順風満帆な俳優生活をスタートしたかに見えたが、そこからいろいろな苦労をしてきたという。

 オーディションでは通常自己PRをするが、若い頃の中村は「自己PRって必要? 役者にって思いながらオーディションに行ってた」といい、「ものすごく世界の中心が自分でしたね」と振り返った。10代の頃は生意気でもかわいがられたが、20代に入ってもそのままでいたところ全然仕事がもらえず、「場を与えられないってことは期待されてないってことですし、必要とされていない」「それを認めると、なんかもう生きていけない」と当時の心境を語り、虚勢を張っていたと語った。

 さらに中村は「暗黒期の始まり」「スーパー嫌なやつでしたね」と自己分析し、「全部敵だと思ってました」「誰も自分を見ていないと決めつけていたし、世の中の全てを斜めに見て、何の希望も抱いてなかった」と回想。それを周囲にも出してしまっていたので「絶対場を楽しくなくしてた」と反省し、「そんなもんだから、よけい人から見たら“コイツと仕事したくない”って思われてたと思いますし、暗黒のループの始まりです」と続けた。

■「懐いてくれる子には本当に幸せになってほしい」

 そんな中村だったが、あるとき一緒に飲んでいたムロツヨシ(45)から「じゃあ、おまえ何ができんだ」と聞かれたという。中村はこのひと言に、「ちょっと前だったらまだグチグチ言いつつ、“俺ああなりたいです”“こうなりたいです”って言えたんですけど、それが返せないくらい腐っていた自分に気づいた」と、ムロの言葉で目が覚めたと告白。

 それからは「自分を赤ちゃんだと思うようにしました」と、“自分できるんで風”を吹かすことなく向き合うようにしたところ周りの見方も変わったそうで、「人は鏡だなというか、自分が変わると、なんか変わったなって気づいてもらえるもんだなって」としみじみ語った。

 他にも堤真一(57)、古田新太(55)、阿部サダヲ(51)からの影響や、ずっとお世話になった人として八嶋智人(50)の名前を挙げ、その経験から自分も30代になり、後輩たちの面倒を見るようになった語り、「無条件に幸せを願っているかわいい後輩」として名前を挙げたのが、Sexy Zoneの中島健人(27)、小芝風花(24)、浜辺美波(21)。「懐いてくれる年下の子には本当に幸せになってほしいなって」とコメント。番組レギュラーの中島も、中村について「めちゃくちゃ相談に乗ってくれる方」と語り、演技に対するアドバイスもしてくれると明かした。

 中村のエピソードの数々に、視聴者からは「倫也くんにもそんな時代が」「ムロさんいい人伝説」「大事な後輩、浜辺美波ちゃん小芝風花ちゃんの中に中島健人いるの強」「エグいてエグい並び」「ケンティーの面倒見てくれてありがとう!」など、さまざなコメントが上がった。
 
 いまや人気俳優として活躍、バラエティへの出演も増えた中村。これまで特番として放送された『一撃解明バラエティ ひと目でわかる!!』(日本テレビ系)では、番組MCも担当。同番組は10月からレギュラー放送が決まり、当初MCはそのまま中村が務めるかと思われていたが、8月31日にKAT-TUNの亀梨和也(35)がMCを務めると発表された。

 中村は主演舞台「いのうえ歌舞伎『狐晴明九尾狩』」が9月にスタート。2022年3月公開の篠原涼子(48)主演映画『ウェディング・ハイ』にも出演するなど、超多忙。また『ひと目でわかる!!』が放送される時間帯は、他局ドラマの放送時間でもあり、売れっ子俳優の中村がバラエティMCとしてレギュラーを抱えることは困難だったようだ。

 暗黒期を抜けた中村、今後どんな活躍を見せてくれるのか楽しみだ。

関連リンク

  • 9/2 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます