超ツンデレ!? KinKi Kids堂本光一と共演の井上芳雄を“フった”NHK大河俳優・吉沢亮の真意

拡大画像を見る

 8月29日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、上白石萌音(23)、細田佳央太(19)、ミュージカル俳優の井上芳雄(42)、緑黄色社会の長屋晴子(26)がゲスト出演した。上白石、井上はミュージカルの共演者たちとリモート飲みをしていると明かし、そのメンバーにはKinKi Kidsの堂本光一(42)もいると明かした。

 井上は「とにかくみんな萌音ちゃんのこと好き」「少しでも会話したい」とリモート飲みの理由を明かし、「夜の萌音ちゃん、自宅でどんな感じなんだろうとか」と、共演者が上白石に興味津々だと語った。また井上は、「芸能人てテレビで見るより実際会ったほうが性格が悪いじゃないですか」といい、上白石について「萌音だけは本当にそのまま」と絶賛した。

 今回はゲストたちが「あの人と決着をつけたい」というテーマでトークを展開。井上が挙げた相手は、吉沢亮(27)だった。吉沢とは、2020年にミュージカル『プロデューサーズ』で共演。吉沢はミュージカル初挑戦で、井上は舞台上の吉沢について「稽古も一生懸命で、歌もダンスも素晴らしい」と絶賛していた。

 井上は、吉沢に「次回も一緒にミュージカルをやろう」とメール。吉沢も「ぜひまたやりたいです!」と返信があったが、ミュージカルの囲み会見で、井上が「今後もやっぱミュージカルを続けていこうっていう?」と話を振ると、吉沢は「いや、もうないです」とキッパリ。千秋楽のカーテンコールでも同様の質問をしたが、吉沢は首を縦に振らなかったという。

 井上は、「曖昧にするんですよ。“その話題はちょっと今は……”みたいな」「でもLINEとかでは終わった後に“お世話になりました。井上さんとまたやりたいです”って言ってくれるんですけど、人がいると“うん”と言わない」と、吉沢の煮え切らない態度を明かした。

■吉沢「絶対に教えません」とバッサリ

 番組では、吉沢からの手紙を紹介。東野幸治(54)が「本当に友達なんですか? 普通VTRぐらい……」とツッコむと、井上は「そうですよね。今ちょんまげで忙しいのかな」と苦笑い。吉沢は手紙で「僕が今後もミュージカルをやりたいと思っているのか、はたまたやりたくないと思っているのかを気になさっているご様子」「絶対に教えません。というか僕自身どうなのかよくわかりません。しかし、芳雄さんが僕のことを褒めてくださっていたと聞き、とてもうれしく思います」と感謝しつつ、「この件に関しては今度2人で決着をつけさせていただきます」と、結局真意を明らかにしなかった。

 井上は「やっぱり人前ではイヤなのか」と驚き、「でも決してノーではないですよね。今の話だと」と再共演への意欲を語った。

 吉沢は、現在放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』で主役の渋沢栄一を演じており、来年1月からは主演舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』も上演予定。『青天を衝け』の撮影から舞台の稽古までノンストップでスケジュールが組まれており、今回のメッセージでもVTR出演すらできないほど超多忙を極めているようだ。

 2人のミュージカル再共演は、もうちょっと先になりそう!?

関連リンク

  • 9/2 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます