シリーズ最新作『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』4D上映が決定 “恐怖のウォーターベッド”シーン解禁[ホラー通信]

拡大画像を見る

「死霊館」ユニバース最新作、「死霊館」のメインストーリーとしては3作目となる『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』が10/1より公開。このたび本作の4D上映が決定。これにあわせ、4Dで観ると迫力が凄そうなシーンを切り取った本編映像が解禁となった。

実在した心霊研究家エド&ロレイン・ウォーレン夫妻が実際に調査した事件をもとに描く本シリーズ。今作では、殺人の罪で逮捕された被告人が「悪魔がそうさせた」という理由で無罪を主張した異例の事件を題材にしている。

解禁となった映像は、とある少年が体験する恐怖のシーンだ。家族とともに新しい家に越してきた少年・デイビッド。どこか不穏な雰囲気をたずさえたその新居で、彼は布で隠されていたウォーターベッドを見つける。物珍しいベッドに興味津々、足踏みして感触を確かめ、たゆたう表面に寝転んで寝心地を堪能。うーん、気持ちよさそう。しかし、寝転んだ少年の横に、一瞬何か顔のようなものが浮かび上がる。違和感を覚えた少年は飛び起き、慎重にベッドの表面を確かめる。すると……。


動画が表示されない方はこちら

4Dで観たら、思いっ切り揺さぶられ、水を浴びせかけられ、エラいことになりそうなシーンである。激しい恐怖シーンが多いシリーズだけに、この他にも4D向きシーンがたっぷりあるかも? もちろん、じっくりと恐怖を味わいたい方は通常上映もどうぞ。

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』
2021年10月1日(金)全国公開

監督:マイケル・チャベス
製作:ジェームズ・ワン、ピーター・サフラン
脚本:デイビッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック
出演:パトリック・ウィルソン、ベラ・ファーミガ、ルアイリ・オコナー、サラ・キャサリン・フック、ジュリアン・ヒリアード
製作:ニューライン・シネマ
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

関連リンク

  • 9/1 22:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます