リベリーがセリエAでプレー続行か…ヴェローナが関心、1年契約オファー

拡大画像を見る

 ヴェローナが元フランス代表MFフランク・リベリーの獲得に近づいているようだ。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在38歳のリベリーは、2019年夏にバイエルンを退団しフィオレンティーナに加入。1年目の2019-20シーズンは負傷の影響もあり思うように出場時間を伸ばせなかったものの、2年目となる昨シーズンは公式戦30試合に出場し、2ゴール7アシストを記録した。

 しかし契約延長はかなわず、6月30日の契約満了をもって退団。同選手はフリーとなり新天地を探している。退団後は、「僕はもう一年続けたかったけど、人生とフットボールというのはこういうものだよね。残念だ」と語り、「今はイタリアに残りたいと思っている。このリーグでプレーしたい」と現役続行、そしてセリエAでのプレー続行希望を口にしていた。

 このベテランには現在ヴェローナとトルコのカラギュムリュクからのオファーが届いているという。同メディアによると、リベリーはヴェローナ加入に傾いているようだ。また、契約した場合1年間の契約となるようだ。

関連リンク

  • 9/1 22:09
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます