1日400杯売れた「飲むわらびもち」! 新規出店地を発表

拡大画像を見る

 ユニバーウエストは9月4日に、とろとろ食感の「生わらびもち」を看板商品にした和菓子店「とろり天使のわらびもち 明石店」(兵庫県明石市)をオープンする。
 

 「とろり天使のわらびもち 明石店」は、2020年8月に大阪・中崎町に1号店を出店しており(現在は天神橋に移転)、関西を中心に東京、九州にも出店している。
 「生わらびもち」は、爪楊枝が刺さらないほどやわらかい、箸で食べる和菓子。「和三盆」「あずき」の2種類を用意する。価格は、小箱が540円、中箱が840円、大箱が1080円。
 さらに、カップの底にわらびもちを入れたドリンクに、生クリームをトッピングした飲むスイーツ「飲むわらびもち」も用意している。フレーバーは「ミルクティー」「黒蜜」「抹茶」の3種類で、価格はいずれも650円。
 ほかにも、カップに入ったわらびもちの上に生クリームをのせて、好みできな粉をかける「クリームわらびもち」は、「プレーン」「ほうじ茶」「黒胡麻」の3種類で、価格はいずれも450円。
 営業時間は11時~22時で、不定休。

関連リンク

  • 9/1 20:35
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます