広島県が、“リアルな暮らし”をイメージできる移住体験談の募集を開始!

拡大画像を見る


広島県が、9月1日(水)〜30日(木)の期間、県外から移住した“先輩移住者”から、“リアルな暮らし”がイメージできる移住体験談を広く募集する。

移住希望地域ランキング全国1位を目指して

広島県では、2014年から、移住ポータルサイトの開設を始め、移住先としての魅力を積極的に発信し続けてきた。その結果、移住世帯数の増加や、移住希望地域ランキングの向上など、一定の成果をあげてきたという。

さらに、昨今のコロナ禍の影響によるテレワークの浸透など新たなライフスタイルが開拓されつつあり、地方移住への関心がかつてなく高まっている。

先輩移住者のありのままのメッセージを発信

これらを踏まえ、同県ではこの度、先輩移住者の暮らしが見える「ひろしま移住ストーリー2021」の募集をスタート。

先輩移住者のありのままのメッセージを広く発信することで、移住を考えている人・関心がある多くの人に、移住者が移住の決心にいたった心の揺れをリアルに実感してもらうとともに、広島への興味・関心のさらなる拡大を図る。

また、広島県では、このような新たな取り組みを今後も継続することで、“移住者が移住者を呼ぶ仕組み”を作るきっかけとしていく。

リアルな暮らしがイメージできる移住体験談

同企画に参加できるのは、Uターン・Iターンは問わず、広島県外から広島県内に移住した人。

『広島県で得られた自分らしいライフスタイルや、ワークスタイルの発見について』『移住を検討している県外居住者が「新たな気づき」「行動の後押し」「不安や課題の解決」を得られるような体験談や生の声』『様々な地域や年齢層の移住者の「移住してよかった」と思った身近なエピソード』などを募集している。

応募は、ひろしま移住ポータルサイト「HIROBIRO.」の特設ページにて受付。

要項に沿ったブログやレポート記事を、期日までにWordファイルまたはテキストファイルで提出すればOKだ。なお、写真やイラストの使用は自由となっている。

入賞者には賞金などを用意

結果発表は、10月下旬頃。

最優秀賞1名には賞金10万円、優秀賞1名には賞金5万円、審査員特別賞4名には1万円相当の地域産品、参加賞100名にはHIROBIRO.ノベルティグッズがプレゼントされる。参加賞は、応募者多数の場合は抽選となる。

表彰メッセージ等は「HIROBIRO.」や各種SNSにて発信される。

応募の詳細は「HIROBIRO.」特設ページにて確認を。

  • 9/1 17:27
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます