赤西仁、“KAT-TUN時代”亀梨和也の呼び方変遷明かす

【モデルプレス=2021/09/01】歌手の赤西仁と錦戸亮の共同プロジェクト「N/A」のYouTubeチャンネル「NO GOOD TV」が、8月31日に更新。赤西が、KAT-TUN時代の亀梨和也の呼び方を明かした。

◆赤西仁、亀梨和也の呼び方変遷明かす

31日に更新された動画には、ゲストとしてアンジャッシュの児嶋一哉が初登場。動画の冒頭では、3人がお互いの呼び名を決めることになった。

「下の名前って何ですか?」と聞く赤西に、児嶋が「一哉」と答えると、錦戸は「じゃあ仁は一哉にしよっか」と提案。

しかし赤西が「いや、ちょっと亀梨を彷彿とさせる」と同じく“かずや”である亀梨の名前を出すと、錦戸は「だからやん」とわざと提案したことを告白した。

児嶋が「でも亀梨くんのことは和也って呼んでないでしょ?」と尋ねると、赤西は「亀梨のことは、むしろ名前を呼んだことがあまりない。亀とか呼んでたけど」と振り返った。

錦戸が「そのうち亀梨に変わっていって」と付け足すと、赤西は「で、『ねぇ』になった」と呼び方が徐々に変わっていったことを明かした。

◆赤西仁の亀梨和也トークに反響続々

視聴者からは「“かずや”って聞いてすぐに亀ちゃんが思い浮かぶのすごい」「まさか仁くんの“亀”呼びが聞けるとは」「亮ちゃん引き出してくれてありがとう」など多くの反響が寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/1 15:04
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます