東京ディズニーリゾートのパートナーホテルで極上ビュッフェ、9月から開始

拡大画像を見る

 東京ディズニーリゾート・パートナーホテル「浦安ブライトンホテル東京ベイ」1階レストラン「カシュカシュ」は、9月1日から11月30日の期間、秋の食欲を満たす「ネオ・ビストロ・ビュッフェ」を開催する。

 「ネオ・ビストロ・ビュッフェ」では、ホテル伝統のローストビーフ、店内の石窯で焼きあげるピッツア、イタリア産チーズをからめるモチモチ生パスタに、ホテルパティシエが手がけるデザートなど、遠出しなくても近場で本格的な料理をビュッフェで思う存分楽しむことができる。
 開業から28年経った今でもファンの多いブライトンの「ローストビーフ」は、ジューシーでやわらかく、口中に広がる旨みの余韻がたまらない逸品。ディルの爽やかな香りがアクセントのクリームソースやマスタードソース、和風ソースなど、いろいろな味わいで何度でも食べることができる。
 店内にある石窯で焼き上げるピッツアは、子どもから大人まで人気のメニュー。季節のピッツアは、イタリア語で“木こり”を意味する「ボスカイオーラ」。たっぷりキノコとツナ、ドライトマトをトッピングし高温の窯で焼き上げる。王道「マルゲリータ」も好きなだけ楽しめる。
 このほかに、イタリア産チーズ「グラナパダーノ」にからめるモチモチ「生パスタ」は、とくに女性に人気のメニュー。「ポルチーニ香るきのこクリームソース」と「パンツェッタと茄子のアラビアータ」2種類のソースを用意している。
 また、スイーツ好きの胃袋を満たすホテルパティシエが手がけるビュッフェデザートも魅力的。いちおしは、スライスした林檎をまんべんなく敷き詰めた「タルト・フィーヌ・ド・ポンヌ」。アーモンドとカスタード2種類のクリーム、シナモンとバターで香り高く焼き上げ、相性の良いアプリコットジャムで仕上げている。
 そのほかにも、マロンのショートケーキ、さつま芋のパウンドケーキなど秋を感じさせるデザートや、ビターチョコレート好きにおすすめのザッハトルテ、自由にトッピングできるプリンなど、ファミリーみんなで楽しめるメニューが揃っている。
 価格は、平日ランチが大人4000円、小学生2100円、平日ディナーが大人5300円、小学生2500円、土日祝ランチが大人4600円、小学生2300円、土日祝ディナーが大人5800円、小学生2800円。

関連リンク

  • 9/1 13:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます