愛犬に起きた『珍事』に「声を出して笑った」 顔の半分に注目

拡大画像を見る

フサフサとしたボリューミーな長毛が特徴的な犬種の『ペキニーズ』。

時に、特徴でもあるこの長毛が、おもわぬ笑いを飼い主さんに届けてくれることがあります。

ホワイティいぬだちゃんの飼い主(@whity_inuda)さんがTwitterに投稿した写真に、多くの人が「どういうこと!」と混乱してしまいました…。

『寝跡がめちゃくちゃついた犬』

顔を床に突っ伏した状態で眠っていた、飼い主さん宅の愛犬。

起床後、愛犬の顔に変化があらわれていました…!

け…削れてる…!

頬の半分が消失してしまったかのように見えますが、ご安心ください。

人間と同じく『寝ぐせ』がついてしまったため、頬が削れてしまったように見えるだけです。

自分がどんな状態になっているかも知らず、寝ぼけまなこでカメラを見つめる犬の表情もまた、笑いを誘いますね。

写真は反響を呼び「ゲームのバグみたい」といった声が寄せられるなど大反響。多くの人を困惑させ、また、笑顔にさせています。

・ほっぺが、すり減っている!?かわいい!!

・毛を切られたんかと思いきや、寝ぐせ。

・ドキッとしたけど、寝ぐせと分かって声を出して笑った。

長毛種ならではの、珍事。ほかにも、ギョッと驚くような寝ぐせを見せてくれそうですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @whity_inuda

関連リンク

  • 9/1 11:50
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます