夏休み明けにカッコよくなった男子に好意を伝える一言9パターン

新学期に久しぶりに顔を見た男子が、以前にましてイケメンになっていると感じたら、どんな言葉を選ぶと好意が自然に伝わるのでしょうか。そこで今回はインターネットユーザーの独身男性124名に聞いたアンケートを参考に「夏休み明けにカッコよくなった男子に好意を伝える一言」をご紹介します。

【1】「日焼けして男っぽくなったね」と精悍さを褒める
「休み前の白いときから僕のこと見ていたのかなって思いますね」(10代男性)というように、肌の色の変化を褒められて悪い気のする男子はいないようです。夏休みをどんなふうに過ごしていたのか話すきっかけにもなるでしょう。

【2】「ちょっと垢抜けたんじゃない?何があった?」と夏休み中の出来事を探る
「思い当たるふしがなくても、垢抜けたって言われるのは嬉しいです」(10代男性)というように、夏休みを経て魅力が増したと言われたら誰でも気分がよくなるものです。ただし、好きな女子ができてカッコよくなった可能性も否定できないので、そのあたりを確認しておいたほうがいいかもしれません。

【3】「雰囲気が変わった気がするんだけど」とオーラの違いに触れる
「『バイトで精神を鍛えられたからかも』とか思って、ちょっといい気になりましたね(笑)」(10代男性)というように、「なんとなく違う」と指摘するだけで、いいように解釈してもらえる場合もありそうです。具体的にどこがどう変わったかうまく指摘できないときは、身にまとう空気をなんとなく褒めるといいでしょう。

【4】「あれ?こんなカッコよかったっけ?」ととぼけたフリしてベタ褒めする
「『確実に脈アリじゃん!』って思います」(10代男性)というように、「カッコよくなった」とはっきり言われたら、さすがに相手を意識してしまうのが男のサガのようです。軽いノリで話せる相手なら、褒めて褒めて褒めまくりましょう。

【5】「ちょっと引き締まったんじゃない?」と地道な努力をたたえる
「頑張った甲斐があったなぁって嬉しくなりますね」(10代男性)というように、体の変化に気づいてあげるだけでも、ことのほか男子を喜ばせるようです。腕や胸、顔の輪郭に少しでも変化がみられたら、「もしかして何かやってる?」などと指摘してみましょう。

【6】「みて!なんかカッコよくなってるぅー!」と周りの女子を巻き込んで褒める
「女子に囲まれて注目を浴びたら恥ずかしいけど、テンション上がります」(10代男性)というように、よってたかって「カッコよくなった」と連呼する集団プレイも、男子のプライドを大いにくすぐるようです。お調子ものを褒めるときは、周りを巻き込んで大げさにやりましょう。

【7】「髪型、今のほうが似合うじゃん!」とイメチェンの成功に触れる
「気づいてくれましたか!って思います」(10代男性)というように、女子だけでなく、男子だって新しい髪型を褒められたら嬉しいものです。「そっかなー」などとまんざらでもなさそうな反応が返ってきたら、「絶対今のほうがいいよ!」と畳み掛けましょう。

【8】「彼女、できたでしょ?」とカマをかけながら好意をほのめかす
「何か根拠があって探ってくるわけですよね」(10代男性)というように、いきなり「彼女でもできたの?」と質問をぶつけるのも、遠回しにカッコよくなったと言われた気分にさせるようです。本当に彼女ができたか確認しておく意味でも、聞く価値があるかもしれません。

【9】「久々に会ったらカッコよくなってて、なんかうれしい」と本心をぶっちゃける
「ドキッとしました。半分告白みたいなものじゃないですか」(10代男性)というように、自分との再会を喜ぶ女子には、自分への恋心があると感じる男子が多いようです。夏休み中に「会いたい」と思った瞬間があるのなら、素直に想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

休み明けは「以前との変化」を探すのが比較的容易なので、自分からアプローチしたいときは積極的に攻めましょう。(外山武史) 【調査概要】 期間:2015年4月7日から14日まで 対象:合計124名(10代、20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/1 7:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます