田中みな実、ホラン千秋に痛烈ダメ出し!?「笑っちゃった」でSiXTONES高地優吾ドン引きのガチバトル勃発

拡大画像を見る

 8月28日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)に、SixTONESの高地優吾(27)ホラン千秋(32)が出演した。番組初出演のホランに、南海キャンディーズの山里亮太(44)が「ホランさんはもう、あざといとは真逆のとこにいる」と言うと、ホランも「でも、みな実さんとか色気がある方をテレビで拝見して、母親に“どうやったらあの色気でるんだろうね?”って言ったら、母親に“それはもう持って生まれるモノだからあなたは諦めなさい”って」「親に言われてるからもう諦めてます」とコメント。

 ホランは『Nスタ』(TBS系)でキャスターを務めていることもあり、ハキハキしたキャリアウーマンのイメージが強い。ホランは、あざとい女性への憧れを口にしたが、名前を出された田中みな実(34)は、「でもそういうふうになりたいと、本当に思います? 私、思ってないと思うんですよね、ホランさん」と指摘。

 山里が「憧れてるのは嘘でしょ、と?」と言うと、ホランは「いや、嘘ではないですよ!」「そりゃ出せるもんなら私だって出したいけど、出ないからどうしたら出るんだろうね? って親に聞いた」「親って最終手段ですよ。親に色気のこと聞くって、最後の最後の砦じゃない」と反論したが、田中はあらためて「憧れてるんですか? 私に」と質問。

 するとホランは「いや、みな実さんに憧れているかって言われると、ちょっと微妙なとこかも」と答え、田中も「ね、ちょっと違うんだよなぁ」と不満げな表情を浮かべ、微妙な空気が流れた。

 この2人のやり取りを見た山里が「高地くん怖いだろ? 震えるだろ?」と話を振ると、口を挟めずに聞いていた高地は「すごい女子会の現場に来ちゃったみたいな……」とタジタジ。山里は、田中とホランを「ゴジラ対メカゴジラ」とたとえ、高地も「なんかバッチバチに見えますね」と苦笑いしていた。

■「おまえの話は余白がねぇなってこと?」

 その後も、理路整然と語るホランに、田中が「言葉数がすごいよね。なんかタタタタタタタタってお話しするじゃない?」とダメ出し。

 ホランが「本当は早くしゃべっちゃいけないと思う」と反省すると、田中は「ううん、わかりやす過ぎて。ちょっとねぇ」「笑っちゃったっていうだけ」とフォローなのか苦言なのかつかない言葉を発し、ホランも「おまえの話は余白がねぇなってことですか?」と返した。またも一触即発状態の2人に、高地は言葉も出ず固まっていたが、山里は「もうやめてよ~、またゴジラ対メカゴジラの戦い」とツッコんでいた。

 あざとい田中とサバサバ系ホランのガチンコバトルと、それに怯える高地に視聴者は「ホランちゃんと田中プロのバチバチが面白かった」「田中みな実さんとホランさんのバトルにちょっとビビるこちw」「田中みな実とホラン千秋の言葉の殴り合いがノーガード感あって最高だった」「たじろいでる高地くんかわいかったな」「今一番面白い対決かも(笑)」と盛り上がっていた。

 あざとさを武器にして活躍している田中だが、以前番組に出演したSHELLY(37)は、田中のあざとさについて「私もうホントに嫌いなんですよ」と本人に直接宣言。しかし、そう言われた田中は「私、(SHELLYが)大好きです」とニッコリ返し、SHELLYは田中のブレないこの答えに「だから本当に嫌い!」と顔をしかめていた。

 田中はあざとさだけでなく、言いたいことをハッキリ言うメンタルもウリ。かつては女性に嫌われるキャラから、いまや同性人気抜群なのもこの性格があってこそだ。これからも言いたいことを言い続けてほしい!

関連リンク

  • 9/1 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます