コスパ最強の「赤身肉」に歓喜する!焼肉好きがハマる店

「この価格でこの肉クオリティとは…!」

心からそう感嘆してしまうのが、ここ『焼肉ホルモン アポロン 神田駿河台』。

“仕入れ”に長けており、上質な黒毛和牛を驚異的なコスパで提供している。

焼肉好きの大人が、気軽に通いたくなる一軒である!

▶「正肉特集」前回:火入れは6秒のみの魔法のロース!噛むほどに溢れ出す肉汁に、焼肉ラバーも骨抜き!

※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

赤身と脂のバランスよく、すっきりとした後味が秀逸

「黒毛和牛 ロース」1,380円。千葉県産の黒毛和牛の肩三角がこの日の部位。カットはその日の肉の状態を見て判断する。この日は赤身が多いので、厚めにカット


肉の質は仕入れが命!ともいわれる。なので、仕入れに優れていれば美味しい肉が楽しめるだけでなく、よりお得だ。

新御茶ノ水にある“アポロン”は、全国に数百軒もの飲食店を経営する「際コーポレーション」による唯一の焼肉業態。

大衆的な佇まいであるが、その肉質の良さが話題となっている。

仕入れは、グループの担当者が芝浦市場で上質な黒毛和牛の一頭を吟味し、各店舗に振り分けている。

つまり、正肉は焼肉で、端肉は他の業態で、と無駄なく使えるため、質のいい肉をコスパ良く提供できるのだ。

そんな同店で食べるべきは「黒毛和牛 ロース」。約120g超えの量で、1,380円という価格にまず驚く。

120g強で1,380円という圧倒的なコスパ!


日によって部位は変わるが、この日は肩三角。

料理長の李秀日さんは、「脂が入りすぎていなくて、バランスがいい。全体的にスッキリと食べてもらいたいので、この部位がおすすめです」という。

合わせるもみダレも、ピリ辛でさっぱり。食べれば、なるほど、赤身の美味しさと歯切れの良さが実に印象的。

気軽に使えて、なおかつ肉質は確か。こんな店を知ってこそ、懐の深い大人といえるだろう。

しっかりタレを揉み込んだ「肩ロース」も抜群!


日によって入る部位が替わる、「肩ロース」1,980円も見逃せない。

この日は、サシが美しい希少部位「ザブトン」も入り、厚めのカットで提供。お得感満載。

正肉を一流の料理に昇華するタレへのこだわり!


肉によって2種類のタレを調整。

もみダレは、玉ねぎやリンゴを使った甘いタレと、とうがらしやごま油を使った辛めのタレを合わせる。

肉の部位やその日のコンディションによって配合を変え、揉み込んでいる。


『焼肉ホルモン アポロン 神田駿河台』の肉は、一口食べればその瞬間、赤身の確かな肉質を実感できる。

それでいて、驚異の価格で存分に肉欲を満たせるとは…!

焼肉好きにとって、通わずにはいられない一軒であることは間違いない!


▶このほか:きっとあなたも恋してしまう、サクッとした歯切れの分厚い極上タン!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/1 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます